韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン裁判後に深まる韓国企業の悩み

サムスン裁判後に深まる韓国企業の悩み

「世紀の裁判」と呼ばれた李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長1審判決が下された後、経済団体は一様に言葉を慎んだ。大韓商工会議所、韓国経営者総協会、韓国貿易協会など主要団体は公式声明を発表することもなかった。追い込むように財界を圧迫する韓国政府とあえて対立したくなかったのだろう。

裁判所は政治権力と資本権力の不道徳な密着を事件の本質とみた。その一方でサムスンが大統領に積極的・明示的に請託しわいろを供与したのではなく、大統領の積極的な支援要求に受動的に応じたものと判示した。李在鎔副会長の場合、「大統領の要求を簡単に断ったり無視しにくかったものとみられ、被告人のわいろ供与に関する意志決定過程で多少酌量できる事情がある」ともした。サムスンの「暗黙的請託」と「受動的わいろ」は問題ではあるが情状酌量の理由としても取り上げたのだ。





企業は混乱している。政府の政策に応じることが重要で、その過程で権力の意向に逆らう愚は避けなければならないのに、その基準が明確でないためだ。1審ではあるが今回の判決が企業に与える「生存の知恵」は次の通りだ。寄付はサムスンの乗馬支援のように隠密にせず公開的に透明にしなければならない。また、お金を出しながらだれになぜ支援するのかあまり多くを知ろうとするとけがをする。ただ目をしっかり閉じお金だけ出すのが安全だ。Kスポーツなど財団支援は問題にならなかったが乗馬と英才センター支援が有罪になったのは乗馬支援の裏に崔順実(チェ・スンシル)母娘があり、英才センターが正常な非営利団体でないことをサムスンが把握していたためというのが裁判所の見方だ。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の経済成長と言うのは、通貨危機毎となる。為替依存と世界経済の動きに大きく左右されるわけで、自国民の高齢化とともに成長率も鈍化し、次第にゼロ成長に向かう。日本と違うのは為替依存に自国通貨であるウォンは耐え切れずに下落してしまう危険が付きまとう事だ。自国政府は知恵をつけて、為替介入を巧みに実施する。本来通貨危機を起こしても不思議はない韓国だが、経済社会状況は外資系企業が主導する大手企業に中小企業が連動しているわけで、外資企業となった韓国大手企業は、外資に助けられて身動きできない状態と言う側面を持ち始めた。

結果、崩壊したくても逆に崩壊できない構図となっている。家計負債が暴発しない限りは、韓国経済崩壊と言うのは崩壊している様で維持してしまう構図であるから厄介だ。最悪だらだらと維持するほどに、自国民や財閥連中は海外に出るだろう。サムスン云々と自国財閥経済とは別問題でるから、財閥経営と経済低迷を混同しないことである。大統領の権限が高すぎることを悪用すると朴槿恵のようになるというわけで、それを企業が利用した事例に過ぎない。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月29日 10:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp