韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の来年度予算案、7%増の約41兆円で「積極財政」

韓国の来年度予算案、7%増の約41兆円で「積極財政」

韓国政府は29日、総額429兆ウォン(約41兆円)となる来年度(1~12月)予算案を発表した。今年度より7.1%増となる。2009年度(10.6%増)に次ぐ増加幅で、来年度経常成長率見通しの4.5%より2.6ポイント高い。つまり、来年には経済成長より早いスピードで財政を投じることになる。来年度は新政権が政策課題を本格的に履行する初年度となるため、任期内の政策執行に必要な予算が積極的に反映された。

特に公的・基礎年金など政府の裁量で減らすことができない支出は197兆ウォンから218兆ウォンに増え、初めて予算全体の半分を超えた。政府は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期中、財政健全性よりは必要な時期と分野に果敢に財政を投じることに重点を置く方針だ。 金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官は、「財政の積極的な役割と財政健全性のうち、優先順位を言うならば、財政の積極的な役割を優先する」と話した。




来年に政府が果敢に財政を投入するのは、景気浮揚の目的もあるが、所得主導と革新成長を軸とする韓国経済のパラダイムを転換させるとした政府方針の結果でもある。このため、雇用予算は今年度より12.4%増えた。

政府は来年に生活・安全分野の公務員を1万5000人増やし、新成長分野の中小企業の若者雇用支援に力を入れる。失業手当や少子高齢化対策に向けた福祉も拡大される。来年度の保健・福祉・労働予算は146兆2000億ウォンで、今年度より12.9%増える。増加幅は今年度(4.9%増)の2倍を上回る。一方、社会間接資本(SOC)予算は今年度より20%減の17兆7000億ウォンとなった。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
平均年収が実質日本の60%程度である。40兆円を超える予算は、日本の40%相当である。2006年が20兆円レベルで、2012年で30兆円、2017年で40兆円であるからほぼ5年で10兆円増えている。政府負債も当然増えているわけで、このまま国家予算が増えてゆくとは考えにくい。当然鈍化し、そろそろ下降線となるだろう。もともと東京都レベルの国家予算であった韓国である。

企画財政部が発表した「2015年1月月刊財政動向」によれば、2014年1~11月の国税収入は189兆4000億ウォンと集計された。 当初予想に較べ、実際に入ってきた歳入の比率を意味する税収進度率は87.5%となった。 これは史上最大水準の国税収入欠損(8兆5000億ウォン)が発生した2013年の同期税収進度率(93.1%・決算基準)より何と5.6%ポイントも低い水準となる。歳入実績が前年より悪化したことを意味する。 政府内外では昨年の国税収入欠損規模が13兆ウォン内外に達するとしている。

2013年度で22兆円程度であるから、昨年と今年は20兆円を切っているのではないか…。
2015年度の日本で税収が55兆円規模となる。韓国の税金不足は深刻だろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月29日 11:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
2度目のIMF
所得を上げて景気を良くし、税収も上げて行く。
なんて甘い夢を語って賃上げに税金をつぎ込む、これで傾きかけた韓国経済に追い討ちを掛けてしまった。
企業業績はさらに悪化し、求人減少及び税収悪化、結局韓国経済破綻。
と、悪のスパラルに全速突進ですね。
[ 2017/08/29 15:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL