韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車の中国工場が稼動を中断

現代自動車の中国工場が稼動を中断

現代自動車の中国工場が稼動を中断した。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる韓中間の軋轢により、販売が急減し、地元部品メーカーに代金の支給が遅れて、部品会社が納入を中断したからだ。

現代自動車は29日、中国合弁法人である北京現代の北京1、2、3工場と滄州の4工場の稼動を先週から中断したと発表した。最近完工された重慶5工場がまだ本格的に稼動していないことを考慮すると、現代自動車の中国内工場が全て止まったことになる。

工場の稼動中断は、プラスチック燃料タンクなどを供給する地元部品メーカーの北京英瑞傑が、北京現代からもらう予定の代金の支払いが遅れたことを理由に、納入を拒否したことから始まった。約2万個の部品に組み込まれる自動車は部品一つが欠けるだけでも、車両の製作に支障を来たす。




北京英瑞傑が北京現代から受け取っていない代金は今月25日基準で1億1100万人民元(約189億ウォン)と、地元メディアは伝えた。現代自動車の関係者は「THAAD事態以降、中国内の販売が激減し、合弁会社である北京現代の資金状況が難しくなって、代金の支払いが遅れたと聞いている」と話した。

北京現代は年間130万台の生産能力を備えている。現代・起亜自動車今年3月から本格化されたTHAAD報復の影響で昨年の上半期の中国販売量が昨年同期間に比べて半減した。最近の調査によると、現代・起亜自動車の苦戦で現地に進出した韓国部品メーカーも限界状況を迎えたという。最近、これら工場の稼働率は50%以下に低下し、売上げと収益性が大幅に悪化している。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
現代自動車の中国工場4カ所が稼働を中断した。現代車の中国合併法人の北京現代は現地部品企業に3、4週間、代金を支払えずにいる。これに対しプラスチック燃料タンクなどを供給している北京英瑞傑が未納代金の支払いを求めて納品を中断した。同社に対する未納代金は約1億1100万元(約19億円)と中央日報は報じている。 現代車の関係者は「先週までは在庫の部品で車を生産していたが、結局、生産中断を決めた」とし「円満な解決のために努力している」と述べた。北京現代は現代車と中国が折半出資した企業であるため、現代車が恣意的に代金を支払えない構造だ。

現代自のTHAAD報復というが、現実は自社の品質低下が大きく起因しているわけで、何でもかんでも自社の低迷が中国側問題とは言い切れない。アメリカ市場でも低迷しているわけで、売れる車の開発が条件となる。一方でSUVが売れる中国で後出しでは遅れるわけで、マーケティングのみならず、自社の組織と社員の質の問題となる。むしろ韓国工場を停止して、中国工場稼働のほうが、企業としては効率的となるのではないか…。 韓国民のサボり多発では、社員の質が問われるが…。 と同時に製造技術力の低下のみならず、単にデザインだけで売れる時代は終わったわけで、安全装備などで多くの半導体回路を搭載する事になる。 品質管理・保証はより一層難しくなる。ノウハウが必要なだけにヘッドハンティングだけで対応する企業には、今後よりいっそう難しくなるだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月30日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
現代自動車の崩壊www
いつも、楽しく拝見しています。

しかし、気になった文章があったので、コメントさせて頂きました。

>むしろ韓国工場を停止して、中国工場稼働のほうが、企業としては効率的となるのではないか…。

>>これでは、中国の思う壺で、むしろ韓国工場を稼動させて、中国から撤退した方が効率的なのではないでしょうか?

今回の件も含めてリスクが多すぎますし、thaadが原因じゃなくとも、原因を適当に作ることが可能です。

実際は、thaadが原因の可能性だってあります。

やはり、韓国の立場からすれば、撤退が無難かと・・・。
[ 2017/08/30 23:34 ] [ 編集 ]
完全撤退か
ヒュンダイの中国工場は4拠点で合計 180万台の能力がある。
中国販売は第1四半期 20万台、これでは稼働率 44%。
ハンギョレの工場写真を見ると、北京現代工場建屋は敷地の半分、
整地済みの広い空き地がある。同じ能力の工場がもう1セット作れる。
しかも導入設備は最先端。よっぽど、中国市場が有望だったようだ。

とにかく、だめな時は何をやってもだめだから、ラインを止めて
しっかり戸締りすることでしょう。(お金をつかわない)
で、先をどう読むか、THAAD波紋なら半年というが、製品競争力で
負けならずっと続く。長期閉鎖なら人が散ってしまいます。
完全撤退が視野に入る。
[ 2017/08/31 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL