韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  発射5分後に非常警報、北のミサイルより早かった日本政府の対応

発射5分後に非常警報、北のミサイルより早かった日本政府の対応

29日午前6時1分、東京・永田町の首相官邸で「北朝鮮のミサイルが発射された」という報告を受けた安倍晋三首相は「情報収集・分析に全力を尽くし、国民に迅速に知らせよ」と最初の指示を下した。北朝鮮が日本の方向に中距離ミサイルを発射してからわずか4分後のことだった。

北朝鮮は同日、1998年8月に「テポドン1号」を発射して以来5回目となる、日本上空を通過するミサイルを発射した。1回目・2回目(2009年)、3回目(12年)、4回目(16年)の発射時は「人工衛星を打ち上げた」と言っていたが、今回は予告なしに、日本の頭の上を通過する中距離弾道ミサイルを発射した。

1998年のテポドン1号は7-10分間で合計1380キロメートルを飛び、太平洋に落ちた。初めてのことに首相官邸も防衛省も右往左往した。人工衛星がないため、発射されたことを米国が教えてくれて分かった。小渕恵三首相=当時=が第1報を受け取るのに40分、防衛省が「緊急記者会見」を開くのに12時間かかった。




だが、今回は違った。北朝鮮が29日に発射したミサイルはテポドン1号の時の2倍近い2700キロメートルを飛んだ。日本は迅速かつ正確に対応した。テポドン1号発射後、日本は1兆5000億円以上つぎ込んで着々と弾道ミサイル防衛(BMD)システムを構築した。さらに、地震に備えるノウハウも役立った。中央政府・地方自治体・報道機関が混乱なくそれぞれの成すべき役割を果たした。

日本の人工衛星は同日、北朝鮮のミサイル発射をほぼリアルタイムで把握し、首相官邸に知らせた。安倍首相が最初の指示を下した直後、日本の消防庁は「Jアラート(全国瞬時警報システム)」という非常警報システムで北海道を含む日本の東北部12道県の住民に「ミサイル発射。ミサイル発射。頑丈な建物や地下に避難してください」という携帯電話メッセージを送った。これは午前6時2分のことで、北朝鮮のミサイルが日本上空に到達する前だった。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
文大統領は、北朝鮮が日本と米国を同時に脅かすミサイル発射を強行した29日も、米日首脳との電話会談を実施せず、午前中に国家安全保障会議(NSC)常任委員会を自らの主宰ではなく鄭義溶国家安保室長に主宰させ、結果報告を受けて韓国軍に強力な対北報復能力を誇示するよう指示しただけである。この状態で朝鮮日報は、文大統領はまた除外? 北ミサイルめぐり日米だけで電話会談と見出し記事を掲載した。

韓国よりも北朝鮮ミサイル情報は日本が早いわけで、何とも頼りない韓国となる。とは言えその日本もミサイル発射を自国民に通達するにも様々な問題が勃発しており、決して良いというわけではない。一方日本上空を通過したにもかかわらず、撃ち落とせないのでは困りごとだ。他国戦闘機が日本に侵入すれば、撃ち落とす対応をとっても不思議はないわけで、日本本土着弾対応に疑問は隠せないが…。

まして核を搭載した弾道ミサイルの撃ち落としは、もし空中で核爆発を起こせばパルス攻撃同様に被害は拡大する。結局は脅威となる前に破壊することが優先される。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月30日 10:17 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL