韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SK建設、日本コンソーシアム押さえタイのプラント工事受注

SK建設、日本コンソーシアム押さえタイのプラント工事受注

SK建設がタイで石油化学プラント工事を受注した。 SK建設は総工事費2億1000万ドル規模のラヨーン県ヘマラート工業団地内のポリオールプラント建設工事を受注したと29日に発表した。今月初めに16億ドル規模のイラン石油精製工場近代化工事に続く海外大型プラント工事受注だ。

ヘマラート工業団地はバンコクから南東に150キロメートル離れたところで、タイ国営石油会社PTTグループ系列のPTTグローバルケミカルと日本の三洋化成工業、豊田通商が共同で発注した。

SK建設は年間13万トンのポリオールを生産するプラントを作ることになる。ポリオールは自動車内装材や建設・電子製品原料に使われるポリウレタンの主成分だ。





SK建設はEPC(設計・調達・施工)と試運転まで引き受けて工事を遂行する。工事期間は着工後35カ月だ。SK建設関係者は「今回の入札にはSK建設など韓国の主要建設会社と日本企業で構成されたコンソーシアムなどが大挙参加し競争が激しかった。特に日本企業が共同発注した事業のため日本コンソーシアムの相対的優位が予想されたが競合を押さえ事業を獲得した」と説明した。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
ポリウレタン用ポリオールには、ポリエーテルポリオール、ポリマーポリオールおよびポリエステルポリオールがあり、目標とするポリウレタンの性能に合わせて任意に組み合わせて使用される。ポリエーテルポリオールは、開始剤の官能基数や分子量によってポリウレタンの性能が変化する。一般的には、官能基数2~4で分子量が1000~5000のものが家具や自動車シートクッション用軟質ポリウレタンフォームや防水材・シーリング材に使用される。官能基数3~8で分子量が500~1000のものが電気冷蔵庫や建築断熱材用の硬質ポリウレタンフォームに使用されるという。

ポリマーポリオールは、シートクッションの座り心地や硬さを改良するために使用される。フタル酸系のポリエステルポリオールは硬質ポリウレタンフォームの断熱性能や燃焼特性を改良するために使用される。アジピン酸系ポリエステルポリオールは産業機器に利用される高性能エラストマーに使用されるとの事。

ヘマラート・イースタン・シーボート工業団地は、ESIEと同様にラヨーン県プルックデーン地区にあり、バンコクの南東およそ112kmレムチャバン深海コンテナ港とシーラチャ市から27kmの距離に位置しており、主要幹線道路3138号から直接アクセス出来ます。すぐ南側にはESIEがあり、これら2つの工業団地は隣接しているばかりではなく接続道路でつながっている為、どちらも2本の需要幹線道路からのアクセス可能です。両工業団地を会わせた総開発面積は、約847万坪に及びます。ヘマラートESIEには29社以上の企業が入居し直接投資は10億米ドルに達する。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月30日 11:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp