韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  失われた20年というが・・・日本は何も失ってなどいない

失われた20年というが・・・日本は何も失ってなどいない

中国経済は今も成長を続けており、日本経済と中国経済の差も拡大の一途をたどっている。中国から見れば、日本経済は確かに停滞しているように見えるだろうが、中国メディアの同華順は26日、日本経済のバブル崩壊後の時期が「失われた20年」と呼ばれていることについて「日本は何も失っていない」と論じる記事を掲載した。

日本で言われる「失われた20年」という言葉は中国でも広く知られている。記事は、この言葉について「失われた30年」を迎える可能性があるという指摘もあるとしながらも、「現在の日本経済を見てみれば、そこまで深刻そうには見えない」と指摘しつつ、中国経済や米国経済と日本を比較するから日本経済の低調ぶりが際立つのであり、その比較そのものが間違っていると指摘した。





さらに、バブル崩壊後の日本経済を分析してみると、「本当の意味で深刻な危機に直面したのは1997年から98年にかけて、金融機関が相次いで破綻した時くらいであることがわかる」と紹介。日本は2008年にぼっ発した世界金融危機の際も深刻な打撃を受けることはなかったとし、欧米の経済成長が低下したことによる影響を受けただけだったと指摘した。

また、日本では11年に東日本大震災も起きているのに、それでも日本は世界3位の経済大国であり、世界的に見て非常に低い失業率を実現していることを指摘し、この事実は恐るべきものであると紹介。日本企業は「失われた20年」と呼ばれる期間中に生産性と技術力を高め、コスト削減を進め、さらにグローバル化も進めたと指摘した。 さらに、失われた20年の間の日本経済の成長率は確かに低かったとしながらも、日本は「その間に筋肉質な体質」へと生まれ変わったと指摘、日本は人口減少に喘ぎながらも2050年になっても世界8位の経済大国であり続けるという分析があることを伝え、「日本経済の実力は決して軽視できるものではない」と伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
失われた20年とは、日本経済が安定成長期終焉後である1991年(平成3年)3月から約20年以上にわたり低迷した期間を指す語である。失われた20年が生じた原因について定説はない。.不良債権と金融システム不安、さらには.経済・企業の競争力低下、そして.政治の機能不全、の3つと考えられる。ただし、この3つが失われた20年の全期間を通じて影響したわけではない。1990年にバブルが崩壊し失われた20年が始まった。その後、1995~96年や99~2000年のように景気や株式市場が回復した時期もあったが、いずれも一時的なものにとどまった。これらの回復が金融緩和や財政出動などによるものだが構造問題は手つかずだった。

失われた20年を引き起こした原因のうち、不良債権と金融システム不安は小泉政権が解決した。したがって残り2つの構造問題を解決することが、失われた20年を終了させるための、必要条件と言われる。しかしその間にも企業は内部留保金をためて、総額300兆円を超えている。と同時に付加価値の高い特許への取り組みや、コストダウンを含めた様々なシステムを構築し、それが中小企業にも根付いたことで、結果が明確に出始めたのが安倍政権時と言うわけだ。しかし成長戦略は大きな壁となるが、鈍化ではあるが一応前には進んでいる。安倍政権下の努力かと言えば、金融政策以外は企業努力なわけで、そのための内部留保金で、様々な投資タイミングとなったと言える。従って失ったものよりは、育てたもののほうが大きいだろう。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月30日 11:53 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
こうゆう冷静な分析が出来るところが中国の凄い所。kみたいにならねーかな( ´∀`)
[ 2017/08/31 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp