韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  コスト優位を失いつつある中国には「新しい成長モデルが必要」

コスト優位を失いつつある中国には「新しい成長モデルが必要」

世界の工場として成長を続けてきた中国の製造業だが、近年は人件費の高騰など各種コストが上昇している。安かろう悪かろうと言われながらも、価格競争力の高さで世界中に製品を輸出してきた中国。しかし、中国のコスト優位はもはや失われつつあるようだ。

中国メディアの華爾街見聞は23日、中国の労働力におけるコスト優位は今まさに失われていると伝え、中国で生産を行っていた外資メーカーが続々と工場を移転させている今、「中国は新しい成長モデルを見つける必要がある」と伝えている。

中国では人件費の上昇に加え、15歳から59歳までの生産年齢人口が減少に転じており、これまでの安価な労働力を強みとした経済モデルは転換を迫られている。記事は、上海や北京、深センといった中国の大都市における人件費は東南アジア諸国はもちろん、今やクロアチアやリトアニア、ラトビアといった欧州の一部の国より高くなっていると紹介した。





中国で生産を行っていた企業のなかには、より人件費の安い東南アジアに拠点を移す動きが見られるほか、本国に回帰する動きもあるとし、特に日本企業のなかには「日本で生産したほうがより高品質なものを作れるうえ、日本経済の回復にも貢献できる」として、日本に生産拠点を戻す動きが増えつつあると伝えた。

中国製造業はこれまで各種資源を大量に投下し、資源を浪費しながら低効率のもとで低付加価値な製品を生産してきたとする一方、これまでのコスト優位を失うなかで、より付加価値の高い製品づくりを迫られていると指摘。そしてこれは中国経済の構造転換が必要であることを示すと伝え、中国は今、新しい成長モデルを見つける必要に迫られていると報じている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
スマホを見ても価格は安く、金額の割には性能は良い。そういう意味では製品の競争力はある。しかし、韓国企業と同じで、大量受注で製造原価を下げて利益を得るわけで、土台の技術は韓国同様に日本であるから、今度は中国でも韓国と同じことが起きるだろう。日本からすれば、韓国の利用価値が薄れて、中間財を中国へ輸出するほうが良いとなれば、中国政府の考え方次第となる。

中国はまだまだコスト的には安いが、手抜きも多いわけで、中国も限界点に近づいている。韓国と同じ道をたどることになるが、中国企業は日本へすでに進出している。日本で新たな技術を得るために工場を建設しているが、中国は市場だが、自国企業は次第に海外に出始めるだろう。新しい成長モデルとはいえ、自国内で云々と言うのは難しい。当面は環境汚染等のために中国経済は低迷するわけで、その間に中国政府は企業に対し、世界企業を受け入れるのではなく、世界に出始めるのだろうと思うが…。だが仮に技術を得て、自国で実施しても二番手三番手技術であるから、大きな壁となるわけで、今後の大きな課題となる…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月30日 17:46 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
中国は10年、韓国は5年で終わり。
日本の技術を基にコストの優位性に頼って伸びて来た、韓国、中国であるから人的コスト優位が無くなる、あと数年で終わる。
それまでにオンリーワンの技術を確立できなければ、USAの錆びた工業地帯と同じ運命を辿る。
英国⇒米国⇒日本・ドイツ⇒韓国・中国⇒東南アジア
の流れを止める事は出来ない、後は、滅びるか生き残れるかの差である。
[ 2017/08/30 18:19 ] [ 編集 ]
アイデアがプアだから
中国は公共投資によるGDPかさ上げがもう限界だから、
輸出を頑張ろうとする。

中国の輸出産業
●労働集約型製品
家電
繊維製品
玩具雑貨
◆知識集約型製品
電気機械(スマホ・・)
一般機械(パソコン・・)
輸送機器(自動車・・)

海外資本が引き上げているのは●労働集約型製品。
これは出たら戻ってこない。
ユニクロなど低価格アパレルにとって、中国は生産地ではなくて
販売市場に変化。中国向けを中国で作るのが妥当なところ。

◆知識集約型製品はまだいけるが、基幹部品は中国では作れない。
低品質で評判の自動車輸出は80万台レベルで頭打ち。

記事が問題にしているのは●労働集約型製品のほうだが、
●は自前ブランドの育成、◆は技術改良と開発、これ次第でしょう。
アイデアがプアなら望みは薄い。
なので、独車、日車、米車はまだ中国で売れる。
電子部品もまだ売れる。

ノーアイデアだから、「新しい成長モデルが必要」とでる。
[ 2017/08/30 21:35 ] [ 編集 ]
日本でも終戦直後は
日本でも、終戦直後は安かろう悪かろうの時代がありました。
馬肉缶詰を、牛肉缶詰と偽証してアメリカに輸出したとか、色々あったようです。
品質が悪ければ売れないと言う現実も有った訳ですが、政情が安定し、民度が上がるにつれて品質も向上しました。
中国も、政情が安定し、民度が上がれば良くなると思いますが。

ところで、話は肉の話になりますが、戦後、貧しい我が家の食卓に肉が乗るのは極く稀なことでした。
その肉も、馬肉等は論外で、鶏肉・兎肉、今や高嶺の花になった鯨肉などでした。

自分が解らないのは、牛・豚・鳥・羊などの人間が飼育した動物の肉は良くて、鯨はダメと言う考え方です。
普通に考えたら、人間が飼育した動物は、情が移って食べ難いと思うのです。
捕鯨反対は、日本に牛肉を輸出するための運動が発端だったかと自分は思っていました。
日本の牛肉輸入が増え、中国が更に多くを輸入している訳ですから、捕鯨反対も意味がなくなったかと思います。
シーシェパードの活動停止の判断は、そういう下地の変化もあったのかなと勘ぐっています。
[ 2017/08/31 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp