韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国、半島危機で排除状態・・・北ミサイル発射もトランプ氏は“無視”

韓国、半島危機で排除状態・・・北ミサイル発射もトランプ氏は“無視”

コリア・パッシング(韓国無視)が顕著になってきた。北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、北海道上空を通過して太平洋に落下させた29日、日米首脳は発射から約3時間半後に電話会談し、日米間の連携を確認した。一方で米韓電話首脳会談は行われなかったのだ。発射情報に関しても、日本のメディアが韓国軍当局よりも早く一報を伝えるていたらくだった。

安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日午前、電話会談し、国連安保理での北朝鮮に対するさらに強い制裁決議の採択に向け、日米韓3カ国で連携することを確認した。

電話会談のなかで文氏は、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したことを「挑発を通り越し、隣国に対する暴挙だ」と非難した。さらに、ミサイル発射後に韓国空軍が爆弾投下訓練を実施したことについて「これまでで最も強い対応だった」と強調した。





ただ、韓国では文氏の存在感低下を心配する声が強まっている。朝鮮日報日本語版は29日深夜、「北朝鮮の挑発に関連した日本や米国の動きをめぐり、韓半島の安保危機で韓国が排除される『コリア・パッシング』の状況が再び起きているのではないか」と報じた。

29日のミサイル発射を受け、安倍首相とドナルド・トランプ米大統領は約40分間、電話で協議した。安倍首相は会談後、記者団に「日米は北朝鮮への圧力を一層強化することで完全に一致した」と語った。
http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、安倍首相の対応と文氏の対応を比較しながら、「コリア・パッシング」の懸念を示した。さらに同紙は、韓国軍当局が北のミサイル発射の情報について、29日午前6時6分に韓国メディアにメッセージを伝えたが、日本が運用する全国瞬時警報システム「Jアラート」が約8分も早く情報を発表した。韓国メディアは、ミサイル発射は午前2時には予測していたと後出しで報じ、文大統領は重要会議を欠席。指示だけしたと報じている。こういう対応では論外だろう。本来韓国の問題である。北朝鮮にすれば朝鮮戦争でアメリカに押し上げられ勝利を逃したわけで、アメリカを恐れているわけである。

一方で日韓併合の恨みとか語るが、金正恩が理解できることではない。70年間も何もできなかった韓国である。しかも北の脅威が増さない状況で何も出来なかったわけで、これも論外となる。自国を在韓米軍に守ってもらうだけと言う防衛丸投げである。今では日本の軍力強化まで報じるありさまで、日米に助けてもらうという態度対応が見え隠れする。何とも困った国である。無視されて当然と言える。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月31日 12:56 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
北朝鮮が日本方面に発射したミサイルは韓国は無関係
今回は北朝鮮から直接日本に向けてミサイルを撃ったのであるから、韓国は全く関係ない。
これが日本に着弾していれば日本対北朝鮮の戦争になって来る。
当然、日米連合対北朝鮮の戦闘に発展し、その後、中国、ロシアは参戦するのかが問題となって来るだろう。
韓国は不参加を決めていても、北朝鮮が崩壊する直前にはやけくそになってソウルにミサイルや砲弾を総攻撃する事が考えられる。
[ 2017/08/31 14:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp