韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トップ不在でオールストップ、サムスンはそんなに間抜けな会社ですか?

トップ不在でオールストップ、サムスンはそんなに間抜けな会社ですか?

米シリコンバレーにいる知人にカカオトークで訊いてみた。「サムスン電子が人工知能関連会社を買収合併できないそうですね?」。シリコンバレーでスタートアップ企業を創業するなど長年の経験を積んできた彼は、あるホームページのリンクを添付してくれた。サムスン電子のベンチャー投資部門である「サムスン・ベンチャー」が投資している企業のリストだった。

リストによると、サムソン・ベンチャーは先月にはモノのインターネット(IoT=Internet of Things)・自動運転車などに使用できる視覚認識技術を保有しているスタートアップ企業や、半導体・電子メーカーに数百万ドルを投資した。また、5月には人工知能とマシンラーニング技術を保有している企業に1300万ドルを、4月にはネットワーク会社に3750万ドルを投資した。サムスン・ベンチャーは今年だけで6社など、合わせて115社に投資していた。

知人は「サムスン電子が買収に乗り出していないだけで、地道に人工知能関連企業に投資をしており、それらの企業を注視している」とし、「最近、サムスン電子が人工知能を担当する人材を探していた」と話した。さらに、「トップがいなくて投資できないというのは話にならない」と付け加えた。




29日、保守メディアは、イ・ジェヨン副会長の不在で、サムスンが人工知能スタートアップを買収するのに手を拱いているという記事を掲載した。「グーグル・アップルが人工知能の技術・人材をスカウトしているのに、サムスンはお手上げ状態」、「ライバルIT企業が人工知能企業を独占」など、経営の空白を懸念してわめきたてた。

米国で情報技術(IT)企業を運営した経験を持つイム・ジョンウク・スタートアップ・アライアンス・センター長は、「サムスンにはソン・ヨングォン(サムスン電子の戦略担当最高責任者)、デイビッド・ウン(サムスンネクスト社長)のような大物たちが布陣しているが、彼らは投資を自分の裁量で推進できると考えている。 また、ライバル会社を刺激しないために、買収の事実を公表しない場合もある」と話した。デイビッド・ウン社長は今年初め、米国で1800億ウォン(約176億円)規模のファンドを造成して、人工知能とIoT関連のスタートアップに対する投資を本格化すると明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンをかばう記事内容だが、間抜けなサムスンですかと言う問いには、”そうです” と答えるのが正しいだろう。 財閥経営権問題のみならずサムスン副会長の間抜けな行動を上昇部の経営幹部が知らないわけがない。間抜けな事を実施していること自体、今後のサムスン経営改革につながるであろうとの期待から株価上昇してきたわけだが、投資家の戦術でもあるわけで、純粋に期待感と言うよりは戦術でもある。サムスンの状況を大株主となる投資家連中が調査しないわけがない、

他企業が買収しているのにというのも問題だろう。何でもかんでも買収すれば良いというわけでもない。買収合戦で勝ち抜くことが企業能力ではない。しっかりとしたロードマップを策定し、それを実行することが重要である。サムスン電子の経営は、スマホと半導体主流の製造工業となり、モノのインターネットと語りながらも、先を見たマーケティング手法で行動しているのかと言えば、企業内は統制が取れてはいない。俺が俺が経営幹部では、研究開発・生産技術・製造技術と連携がうまくゆかないだろう。

利益中心ですぐ事業編成するくらいである。自社ロードマップを常に先読みで見直ししながら進んでいるとは考えにくい。単に利益ある事業拡大でしかないわけで、仮に買収しても活用ができない。数年前までサムスンを称える記事が多かったが、実態を知るほどに間抜けな部分が出始めているのも事実では…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月01日 10:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL