韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  このまま日本のエンジンを使用していたら「中国車に未来はない」

このまま日本のエンジンを使用していたら「中国車に未来はない」

経済発展に伴って中国の自動車業界もすさまじいスピードで成長している。かつては「メンツが立たない」と酷評されていた中国車だが、近年はSUV市場を中心に販売台数を伸ばす中国メーカーも登場している。だが、中国メディアの今日頭条は25日、「中国国産車の多くは日本メーカーのエンジンを搭載している」ことを紹介し、「中国人にとっては非常にやるせない気持ちになる」と論じる一方、中国企業も「いつまでも日本企業のエンジンを使用していては将来がないことを心得ている」と伝えている。

記事は、エンジンは自動車の心臓ともいえる部分で、メーカー間の競争が激しい部品だと紹介。エンジンを他社に提供しないメーカーが多いなか、日本の一部メーカーは中国メーカーにエンジンを提供していることを指摘。日本企業のエンジンといっても、中国との合資会社が中国で生産しているエンジンであり、決して日本から輸入しているものではないことを指摘する一方、そのエンジンは決して最新モデルではないゆえに、安心して提供できているのだと論じた。




一方で、近年は中国メーカーも自社でエンジンを開発する企業も増えていて、自社で開発したエンジンを搭載した中国車が中国の消費者に受け入れられる事例も増えつつあるとし、日本企業のエンジン依存からの脱却に期待を示した。

最後に記事は、多くの中国自動車メーカーも「いつまでも日本企業のエンジンを使用していては将来がないことを心得ている」とし、日本企業のエンジン依存からの脱却が進めば、中国車の未来はますます明るくなるだろうと、この先の見通しを語っている。世界でも有数の自動車大国となっている中国で、記事も紹介しているように中国メーカーも徐々に消費者に受け入れられてきている。今後、中国の自動車市場において、日系メーカーにとって中国メーカーが脅威の存在になる可能性もあるかもしれない。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
世界の製造工場としての地位を確立するならば、自国の得意分野にすることである。精密加工ができない国に、無理な要求をしても難しい。中国企業がどこに進むのかが見えていない段階とはいえ、基本は世界の製造工場地位をしっかり確立することである。より高い付加価値を見出すのは重要だが、それは個々の産業によるだろうと思うが…。

次第に高い人件費となり、自国企業の技術を高めてというのは解らないわけではないが…。中国と言う国の特性を考慮すれば、製造力の速さや製造設備の自動化技術等々…。設備が日本企業であれ何であれ、世界の製造工場と言われるほどに製品組み立て技術を高めるほうが道が開けるのでは…。製造の速さを前面に出し、自動化技術を駆使し製造原価を下げられれば、世界企業から受注が増えるだろう。今のレベルでは無理なわけで、単に製造と言っても実は奥が深い。現行より2倍速くなれば大きな製造技術ノウハウが得られるだろう。あれもこれも自社企業と考えれば、すぐパンクする。

今後の世界市場が中国ならば、世界企業の製造が中国となるほどに見直すことも重要となる。中国政府は、せっかく世界企業が中国進出し工場建設しているにもかかわらず、その技術を伸ばそうとしない。結局中国から撤退するしか世界企業も道はなくなるわけで、頭を使ってよく考える事である。臨機応変に産業別に考える必要がある。特異な部分を世界一に伸ばすことである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月01日 11:44 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
あれ、これからはEVの時代じゃなかったの?
空気汚染の酷い中国では、今後内燃機関車を禁止してEV車に切り替えて行くのじゃなかったのかな?
日本車は低燃費、高性能のエンジンに頼っているので世界の潮流に置いて行かれると言われていたじゃなかったかな?
なんで、いまさらエンジン開発に力を入れようとするのか?
[ 2017/09/02 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL