韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国企業の営業利益、10大企業除けば減少

韓国企業の営業利益、10大企業除けば減少

大韓商工会議所の集計によると、韓国の上場企業494社の4ー6月期の営業利益は、全体で見ると前年同期比17%増の37兆ウォン(約3兆6200億円)だったが、10大企業グループを除くと、24%減の9兆7000億ウォンにとどまった。   

大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会頭は31日、産業通商資源部(省に相当)の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官との懇談会で、こうした統計上の錯覚に懸念を表明した。

10大グループも増益組と減益組にはっきり分かれた。サムスングループの営業利益は6兆4000億ウォン増で、増加幅はメーンボード上場企業全体の営業利益の伸びに匹敵した。このほか、SKグループ(1兆9000億ウォン増)、LGグループ(1兆1000億ウォン増)の順だった。これに対し、現代自動車グループ(1兆2000億ウォン減)、ロッテグループ(1700億ウォン減)、GSグループ(600億ウォン減)などは振るわなかった。





朴会頭は「統計数値の上では、韓国経済にも回復傾向が見られるが、一部の企業、業種に収益が集中する減少が続けば、経済全体に回復が行き渡るのは難しい」と述べた上で、「輸出増加傾向も半導体など一部業種がかなりの部分をけん引していることが分かった。こうした偏りを解決するため、経済の根本的なパラダイム(枠組み)を転換すべきとの点に経済界も共感している」と述べた。

朴会頭は「二極化の解消努力とともに全産業分野に革新活動が広がることを期待する。革新を通じ、国家全体の力が強化されれば、『持続的成長』と『格差解消』という好循環も可能だと思う」と指摘した。これに対し、白長官は「韓国経済の兄貴分で製作パートナーである大韓商議には随時業界の意見を取りまとめて伝えてもらいたい。政府と呼吸を合わせて努力してほしい」と述べた上で、「産業通商資源部と大韓商議は新たな時代に合った実質的な協力プラットフォームを作っていこう」と呼び掛けた。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国産業通商資源部が1日発表した8月の輸出額(通関ベース、速報値)は前年同月比17.4%増の471億1600万ドル(約5兆1900億円)だった。輸出の増加は10カ月連続。また、8カ月連続で2桁の伸びとなった。半導体の輸出額は87億6000万ドルと、月間で過去最高を記録した。輸出の有望品目に浮上している記憶装置ソリッドステートドライブ(SSD)も5億4000万ドルを輸出し、月間記録を更新した。9月1日としては景気の良い話である。

聯合ニュースは、主力13品目のうち9品目で輸出が増えた。8品目は2桁の伸びを記録するなど、全般的に輸出は好調だったと伝えている。輸入額は前年同月比14.2%増の401億200万ドル、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は70億1300万ドルの黒字だった。黒字は67カ月連続とした。中国のTHAAD報復で必至の割には、素晴らしいニュースである。韓国経済は崩壊しそうで崩壊できない構図もあるが、朝鮮日報や中央日報では好調と言うニュースは反日記事とともに大きく減少している。

だた現在1ドル 1123ウォンである。造船業を除き他の産業すべてで利益が出る数値である。産業全体の平均値で、損益分岐点が1050ウォンとなる。 従って受注がある限りは黒字となる。もっともその量にもよるのだが、基本的には韓国経済低迷は投資家のみならず為替に助けられている状態となる。 逆に日本は110円台であるから、やや円高推移となる。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月01日 12:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp