韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜自動車 8月も販売不振

現代・起亜自動車 8月も販売不振

韓国の現代自動車が1日に発表した8月の世界販売台数は33万6625台で、前年同月比6.0%減少した。韓国での販売台数(5万4560台)は前年同月(4万2112台)から29.6%増加したが、昨年8月にストによる生産の遅れがあった点を踏まえると、増加率に大きな意味を持たせるのは難しい。

大型セダン「グレンジャー」はハイブリッドモデル1595台を含め8024台が売れ、高級車ブランドの「ジェネシス」は4285台を販売した。先月の現代自動車の輸出台数は28万2065台で、前年同月(31万6140台)より10.8%減少した。今年1~8月の累計輸出台数(240万9325台)も、前年同期(265万909台)と比べ9.1%少ない。

現代の関係者は「今後も先進国市場と新興市場のどちらも販売好調を見込めず、危機的な状況だ」とし、「さまざまな新車とスポーツタイプ多目的車(SUV)の供給拡大などによって製品競争力を強化し、地域ごとの自動車の需要変化に柔軟に対応する」と述べた。




韓国市場では小型車「モーニング」を除いた乗用車全モデルが販売台数を減らした。準大型セダン「K7」は2917台、中型セダン「K5」は2631台が売れた。 現代子会社の起亜自動車は、8月の販売台数(22万2740台)が前年同月(22万529台)より微増した。減少傾向からは脱したが、回復というには程遠い水準だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の自動車業界が不振にあえいでいる。最大手の現代自動車や傘下の起亜(キア)自動車は、中国市場での販売が6割減と壊滅状態だ。在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する中国の報復措置だけが原因ではなく、安売りに頼ってきた産業構造に問題があるとの指摘もある。現代自の6月の中国市場での販売台数は前年同月比64%減、起亜は同62%減となった。4~6月期の最終利益も現代自が51%減、起亜が53%減と大幅減益に見舞われており、両社にとって最大のお得意さまである中国市場での不振は大打撃だろう。7月まで韓国系は中国で50万台しか販売できていない。

また自国内で記事では、29.6%増加したというが、問題はローン販売促進で売れたことにしているだけではないか。一方で自動車ローンにもカラクリがありそうだが…。今の現代自はかなり必至な状態と言えるわけで、中国とアメリカに工場を建設し、他の新興国にも建設しているわけで、工場建設投資は大きな負担になっている。中国工場稼働停止と語っても、すぐ稼動し始めるありさまで、結局中国との合弁会社問題にしても国が補てんするわけである。欧州市場でも、日本と欧州連合(EU)が経済連携協定(EPA)交渉で大枠合意し、10%の自動車関税が協定発効から7年で撤廃されるが、韓国車の価格優位性が薄れる前に、品質低下で低迷しているのでは深刻だろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月02日 10:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL