韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮が発射した弾道ミサイルに「日本が迎撃しなかった理由」

北朝鮮が発射した弾道ミサイルに「日本が迎撃しなかった理由」

北朝鮮が29日午前6時ごろに発射した弾道ミサイルは、北海道の上空を通過した。日本では全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動したが、弾道ミサイルに対する迎撃は行われなかった。これについて中国メディアの新浪は31日、日本が迎撃しなかった理由について論じる記事を掲載した。

北朝鮮が発射した弾道ミサイルは北海道上空を通過し、14分後に北海道の襟裳岬の1180キロ東の海上に落下した。記事は、「中国人のなかには安全を脅かす弾道ミサイルを日本はなぜ迎撃しなかったのかと疑問に思う人もいるだろう」と指摘しつつ、日本が迎撃しなかったのは「迎撃する必要がなかったうえに、迎撃したくもなかったためだ」と主張した。





まず、北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルは「日本の安全を脅かすものではなかった」とし、北朝鮮が発射したミサイルは最高高度が500キロメートル以上に達していたため、日本の領空を侵犯したわけではないと主張。国際法上、日本としても迎撃する理由はなかったとした。

さらに、技術面から見ても「日本としても100%の確率で迎撃できるわけではない」としたほか、仮に迎撃すれば北朝鮮の感情を逆なですることになり、北朝鮮は「迎撃を戦争行為と捉え、日本に対して敵意をさらに強める」可能性が高かったと論じた。一方で記事は、日本政府が北朝鮮のミサイル発射に対してJアラートを作動させたのは「北朝鮮の脅威」を喧伝し、外部の圧力を通じて国民の支持を得たうえで政治に利用しようとしたためだと分析。日本は北朝鮮問題を過度に煽っており、それは日本にとって「軍事力強化の口実となるからだ」と主張した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
領空の水平的境界は領土・領水の境界と等しく、垂直的境界は具体的に領空をどこまでの高度に設定するかについては様々なようだ。地球の大気圏の限界までとする説、航空機が航空可能な最大高度までとする説等々…。文献では領空は、領土および領海の上空で、国家が領域権を有している空間としている。 1944年の国際民間航空条約1条は、締約国がその領域上の空間において,完全かつ排他的な主権を有する旨を規定している。また同条約は、上空の垂直的範囲について特に規定していないが、人工衛星が実用化した今日、領空は無限の上空に及ぶという説は否定され、一般的には人工衛星の最低軌道が領空の限界とされている。

高度1万メートル飛行しても10㎞であるから、最高高度が500キロメートル以上となると判断は難しい。意外と痛いところを中国メディアは指摘する。また迎撃失敗は、日本防衛において非常に不安をあおるのも事実。迎撃レベルが上がっても100%にはならないわけで、まして弾道ミサイルが多段になり、複数同時に発射されれば、今の時点では手の施しようが無いのも事実。現実核を搭載すれば迎撃しても核爆発が起きないとも限らないわけで、今のうちに先制攻撃して昇圧するのが一番となる。日本は自衛権を発動すれば先制攻撃可能と説明しているが、現段階での挑発合戦は、いずれ大きな脅威となる…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月02日 11:22 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(2)
日本が迎撃しなかったのは…
単純に北朝鮮のミサイルが、射程内に入らなかったからでしょ。
日本上空をミサイルが飛んでる時の高度は、最高高度550キロに近かったはずで、SM3の射程は500キロ(PAC3は10~20キロ)。
因みに破壊措置命令の基準は自衛隊法82条の3に規定されており、ミサイルが我が国に落下し被害が予想される場合となっている。
今回のケースは、発射直後の軌道計算により、太平洋上へ落下することがわかっており、破壊措置命令も出されなかった。
[ 2017/09/02 20:40 ] [ 編集 ]
追記
なぜ破壊措置命令の基準が決められているかというと予算上の問題で、SM3は1発20億円、PAC3でも5億円するから、無駄撃ちは避ける意味からである。
[ 2017/09/02 20:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp