韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮のミサイル発射で脅威に晒された日本、なぜ円が急騰したのか

北朝鮮のミサイル発射で脅威に晒された日本、なぜ円が急騰したのか

北朝鮮は29日朝、弾道ミサイルを発射した。これを受けて円が急騰し、4月以来となる一時1ドル108円台となったが、これは日本円がリスクに強いことを示しているという。中国メディアの今日頭条は30日、日本円がリスクに強い理由について分析する記事を掲載した。

記事によれば、北朝鮮によるミサイル発射で日本が脅威に晒されたのに日本円が買われて急騰するというのは一見矛盾しているようだが、これは日本円が「リスクヘッジに有効」な通貨だからだという。

記事は、金融危機、福島原発問題、今回の北朝鮮によるミサイル発射という3つの危機と、それぞれの日本円の動きをチャートで表示しているが、確かにいずれも急激な円高が起きている。これはまさに日本円がリスクヘッジとして買われていることを示しているが、ではなぜ日本円はリスクに強いのだろうか。




その理由として記事は3つ挙げている。1つは「日本には安定した経済と金融システムがあり、安定して通貨を供給できる」こと、「日本は戦後に戦争を放棄したため、衝突のリスクが大きく低下したこと」こと、そして「長期にわたりマイナス金利を実行している」ことだという。

記事によれば、何かしらの危機的状況が発生すると、大量の資金がリスクの高い商品から、相対的にリスクの低い「日本円」と「金」に流れるという。また、金融機関はリスクを抑えるために外債の回収を始めるが、これによりポジションの手仕舞いを迫られ、日本円を購入して返済に充てるため、市場に流通する日本円は減少して日本円がさらに高くなると指摘した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮が発射した1発の弾道ミサイルが日本上空を通過して北海道襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下したことを受けて、金融市場が混乱した。 2017年8月29日の東京外国為替市場は、早朝から円が米ドルやユーロ、英ポンドなどの主要通貨に対して上昇。11時のドル円相場は、前日終値(17時)と比べて67銭安の1ドル=108円67銭で推移。一時は4月18日以来、4か月半ぶりの円高・ドル安水準となる108円34銭を付ける場面があった。

「安全な円は買い戻しの対象」と捉えている。地政学リスクに晒されるなか、日本円が買われる理由は、基本的に『円が安全資産の性格を有しているからである。しばしば取り沙汰されるマネーゲーム的な投機筋の売買が一因になっている可能性は否定しないが、それはごく一部をに過ぎない。日本は経常黒字国で、その累積に相当する対外純資産残高は約350兆円、名目GDP比で約70%と巨額。IMFの集計ベースでは世界1位。マイナス金利導入国で、長期金利も極めて低いレベルにある。 日本に直接被弾するようなことがなければ円が売られる可能性は低い。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月03日 09:30 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL