韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  産業部、中国に「THAAD報復」の解消を要求

産業部、中国に「THAAD報復」の解消を要求

産業通商資源部が中国通商当局と会い、国内企業の困難を伝えるなど“経済外交”に乗り出した。中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)経済報復の解決に向けて、政府がより積極的な態度を示すべきという声が高まったことによるものとみられる。

1日、産業通商資源部の話を総合すると、カン・ソンチョン通商次官補は、中国長春で1日から5日まで開かれる第11回東北アジア博覧会に参加し、中国通商当局の高官に会って韓国政府の立場を伝えた。博覧会には、中国商務省の錢克明副部長や中国国際貿易促進委員会(CCPIT)の陳洲副会長らが参加した。

カン次官補は、彼らに「最近の中国内の一連の措置により、現地に進出した韓国企業が困難を負っている」とし、「これを解消するために、中国側が誠意ある関心を示すと共に支援を行ってほしい」と要請した。カン次官補はまた、吉林省の巴音朝魯党書記や劉国中吉林省長など、中国地方政府の高官にも会って、韓中間の通商懸案と経済協力案について話し合った。





産業部が同日発表した8月の輸出・輸入の動向によると、8月の対中国輸出は先月に比べて15.6%増加した。2014年4月以来40カ月ぶりに10カ月連続で増加している。

しかし、中国での完成車の販売不振が続き、自動車部品の輸出規模は急激に減っている。今年、現代・起亜自動車の中国市場での販売量は昨年の“半分”の水準の27万8千ドルまで低下するという見通しも示されている。キム・ヨンサム産業通商資源部貿易投資室長は、政府世宗(セジョン)庁舎で輸出動向と関連したブリーフィングを開き、「現代・起亜自動車は昨年、中国で179万台を売ったが、現在の傾向が続くと今年は86万台の販売にとどまるものと予想される」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
在韓米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備を巡る韓国企業に対する中国の経済報復が長期化している。韓国現代自動車は26日、2017年4~6月の中国販売が前年同期比4割減ったと発表した。韓国大手のスーパーも中国で展開する店舗の8割が休業に追い込まれたままだ。THAAD配備による中韓関係のこじれが表面化して5カ月近くがたつが、両国間での解決の糸口は見えない。

「値引きしてもなかなか売れない。入社以来、最悪の年になりそうだ」。遼寧省大連市で、現代自の中国法人の販売店に勤める男性営業マンは頭を抱える。韓国政府がTHAAD配備計画を具体化した今年2月末以降、販売不振は鮮明になった。17年1~6月期連結決算は、営業利益が前年同期比16%減の2兆5950億ウォン(約2595億円)に落ち込んだ。このほど完成した重慶市の車両工場の稼働率は2割程度にとどまる。

しかし統計データーでは、2011年も2012年も80万台前後であるから、その状態に戻ったというだけとなる。品質低下で低迷したと私は判断したが、もともとの実力はその程度であるから、品質低下が問題となれば、さらに低下する可能性がある。来年はさらに悲惨ではないか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月03日 10:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp