韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  北朝鮮の核実験に防衛省、「正直手詰まり」

北朝鮮の核実験に防衛省、「正直手詰まり」

核実験の一報を受けた3日午後、関係省庁は慌ただしく動いた。防衛省では幹部から「やりたい放題だ」「北朝鮮の能力は向上するばかり。正直手詰まりだ」といった声も漏れた。同省は空自機を投入して日本周辺空域で大気中からちりを収集。専門機関で放射性物質を調査したが異常値は検知されなかった。

警察庁も同日、警備局を中心に情勢判断し、各地の警察本部に朝鮮総連など国内の北朝鮮関連施設への警戒と情報収集の強化を指示した。わずか5日前、ミサイルが上空を通過した北海道えりも町では漁業、金丸重幸さん(65)が「核弾頭を装備したミサイルが飛んできても、逃げ場がない。身勝手な軍事行動は許せないし、やめてほしい」と話した。

北朝鮮は米領グアムを包囲する形で弾道ミサイルを発射する計画も表明。上空通過を宣告され、地対空誘導弾(PAC3)が配備されたままの島根、広島、高知や、愛媛の各県では、住民の緊張も続く。





「核で本土を直撃する」と恫喝(どうかつ)される米国では今回の実験で、対北脅威の認識が格段に強まる可能性がある。一方日本では、世界の関心が核とミサイルに集中して拉致問題が軽視されかねないとの危機感が募る。救う会の西岡力会長は爆弾の強化、小型化も進んだ可能性を指摘し、「相当深刻な事態だ」と強調。「米朝も含めた交渉の枠組みに拉致問題の解決を強力に押し込まなければならない。被害者を救出する勝負の時だ」と指摘する。

福井県立大の島田洋一教授は日米連携の重要性を指摘するとともに、制裁決議に従わない国への政府開発援助(ODA)の取り下げや、北の労働者を受け入れる国外企業の排除徹底など「圧力の強化へ、日本も独自に突き詰められる取り組みはまだある」と話した。
http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮が、3日行った6回目の核実験について、防衛省は、揺れの規模がかなり大きくなっていることから核開発が相当進んでいる可能性が高いとして、水爆の実験だったかどうかを含め分析を急ぐとしている。北朝鮮が、3日行った6回目の核実験では、揺れの規模が気象庁の観測でマグニチュード6.1と推定されこれまでの実験に比べ、少なくとも10倍程度は大きくなっているという。

小野寺五典防衛相は3日、北朝鮮の核実験について、地震から試算した爆発規模が約70キロトンに達したとの分析を示した。防衛省は昨年9月の核実験が約11~12キロトンだったと推定しており、今回は過去最大規模とみられる。小野寺氏が同省で記者団に明らかにした。包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)が示したマグニチュード(M)の初期値5・8に基づいて試算すると、約70キロトンになったという。防衛省によると、広島、長崎に投下された原爆はそれぞれ約15キロトンと約21キロトンとなる。小野寺氏は「過去の核実験に比べてはるかに大きい。水爆実験であることも否定できない。安全保障上、重大な脅威だ」と強調した。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月04日 10:41 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp