韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国、韓国、台湾、もちろん日本でも・・・何故「ヤクルト」は無敵なのか

中国、韓国、台湾、もちろん日本でも・・・何故「ヤクルト」は無敵なのか

中国メディア・今日頭条は8月30日「82年間売れ続け、中国でも年間10億本売れる この小さな飲み物はどうして衰えを知らないのか」として、日本発の著名な飲料とそのメーカーについて紹介する記事を掲載した。

紹介されたのは、中国でも「養楽多」として広く知られている乳酸菌飲料のヤクルトだ。記事は「他人が新しいもの開発し、速度を求め、際限なく販売ルートを拡充しようとするなか、ヤクルトは従来のスタイルを守り続けている。それなのに、日本でも負けない、韓国でも負けない、台湾や香港でも安定したマーケットを持っている。中国では年間10億本売れている。そして世界の33カ国・地域にその名を轟かせているのだ。誠実な商業精神が、ヤクルトを82年生存させるとともに、100ミリリットルの赤いボトルを世界の人気商品たらしめているのだ」と論じた。




また、ヤクルトは激しい競争の中で家庭を単位とする市場の潜在力を重視しており、トレーニングをした専門の「ヤクルトレディ」が商品を直接家庭に届ける販売スタイルを採用していると紹介。このスタイルは日本のみならず、ブラジルや東南アジアでも成功しており、今後中国においても有望な販路の1つになる可能性があるとした。そして、会社は「ヤクルトレディ」に対して「あなた方の仕事は単に清涼飲料を売ることではなく、健康の理念を得ることである。われわれが従事しているのは健康産業であり、ヤクルトを売ることは健康を売ることである」と指導すると説明。これがヤクルトの経営戦略の原点であると伝えた。

記事は「日本では雪印ほど強い技術リソースを持っておらず、韓国では南陽乳業ほど強い力がなく、台湾では味全ほどの強い資金リソースがなく、中国大陸では蒙牛や伊利のような草原文化を持っていない。それなのにヤクルトが各地で成功しているのには道理がある。浮ついた工業・情報化の時代において1つのことに専念し、1つの製品を磨き上げ、1つの業界のリーダーとなる。急がず弛まずの職人気質が、82歳になるヤクルトの奇跡を作り上げてきたのだ」と結んでいる。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
ヤクルトといえば乳酸菌シロタ株が有名だ。医学博士だった創始者・代田氏は病気にかからないようにする“予防医学”の発想から、腸を丈夫にして長生きすることを考え、見つけ出した乳酸菌がシロタ株だった。そんなシロタ株を摂取することで得られる効果が3つある。

●悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
● 腸内環境を改善する
● 便秘・下痢を改善する

健常者10名にシロタ株100億個以上(ヤクルトの半分量に相当)を4週間継続して飲用したところ、飲んでいなかった時と比べてビフィズス菌の数が2.5倍以上(数にして60億個の増加)になったという結果が出ている。シロタ株の菌体や産生物がエサとなり、ビフィズス菌が活発になったという事だ。シロタ株が腸内の有害物質の生成を抑制するので、健常者7名にシロタ株100億個以上を5週間継続して飲用させた結果、尿中のインディカンという有害物質が飲んでいない時と比べて40%以上減少したという。シロタ株の摂取により便秘の人も下痢の人も8割が改善されたと感じているという。

ヤクルトの研究データにもあるように、4~5週間は必要との事。シロタ株は生きて腸まで届きますが、腸に棲み続けることは出来ない。便として排出されるまでの間は摂取した効果が続きますが、飲用をやめるとその効果は徐々に失われる。酸に強い菌なので、空腹時を避けなくても大丈夫。ヤクルトのHPにも摂取時間にこだわらず、毎日続けられるタイミングを優先するように書かれている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月04日 11:06 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL