韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  トランプ大統領、安倍首相と一日に2回の電話会談…文大統領とは…

トランプ大統領、安倍首相と一日に2回の電話会談…文大統領とは…

安倍晋三首相が3日、トランプ米大統領と一日に2回も電話会談をした。一日に日米首脳が2回も電話会談するのは極めて異例だ。 両首脳はこの日、北朝鮮が核実験を強行する約3時間前の午前9時ごろ最初の電話会談をしたのに続き、午後11時ごろ(ワシントン現地時間午前10時)約10分間ほど2回目の電話会談をした。先月29日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射してから6日間で日米首脳の電話会談は4回も行われた。

安倍首相は2回目の電話会談の後、「北朝鮮に対してこれまでになく強い圧力をかけていかなければならないとの認識でトランプ大統領と一致した」と明らかにした。続いて「トランプ大統領は北朝鮮の核実験について『今回の暴挙は見過ごすことができない』と批判した」とも伝えた。 安倍首相はロシアのプーチン大統領とも電話会談をした後、「北朝鮮の暴挙は深刻な脅威であるとの現状認識を完全に共有した」と説明した。





これに先立ちこの日午前に行われた電話会談で、日米首脳は韓日米3カ国が緊密に連携しようという意見で一致した。米ホワイトハウスはこの日、両首脳が北朝鮮に加える「最大限の圧力」について意見を交換したと明らかにした。安倍首相は今月下旬にニューヨークで開催される国連総会をきっかけに首脳会談をすることで合意した。

日米首脳は北朝鮮のミサイル発射当日と翌日の先月30日に連続で電話会談し、対策を議論していた。一方、トランプ大統領は北朝鮮のミサイル発射から4日目の1日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話会談し、韓米ミサイル指針の改定に合意した。韓米首脳間の談話会談は先月初めに北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級ミサイル発射対策を電話で協議したのに続き、25日ぶりに行われた。日米首脳間の電話会談が北朝鮮の核・ミサイル脅威が変曲点を迎えるたびに迅速に行われているのに対し、韓米間の電話会談は後回しになっている。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
トランプ米大統領は3日、北朝鮮の核実験を受けてマティス国防長官ら安全保障関連の高官との緊急会議を開いた。会合後、マティス氏は記者団に声明を読み上げ、北朝鮮が米本土やグアムなどの米領、同盟諸国を脅威にさらした場合は「有効かつ圧倒的な大規模軍事反撃に見舞われるだろう」と警告した。 マティス氏は、「北朝鮮を抹殺しようとしているわけではない」としつつ、「そうするための選択肢は数多くある」と異例の強い文言で北朝鮮に挑発行為の停止を要求。

トランプ米大統領が、北朝鮮と取引を続ける「全ての国との貿易停止」を検討していると表明したのは、北朝鮮の後ろ盾となっている中国やロシアをけん制する狙いがあると産経ニュースが報じている。安倍総理はどこまで踏み込んだ話をしているかが問題だが、トランプの今の動きでは単に言葉で終わる可能性もある。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月04日 12:55 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
今はFTAだから
FTA再交渉、今ボールは韓国側にあるから。
トランプがFTA話題抜きで韓国トップと電話を
する構えはないだろう。
文在寅からかければ「うん、FTAか?」と
レスされる。文在寅は、それくらいは読むでしょう。
[ 2017/09/04 15:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp