韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓米首脳、ミサイル弾頭重量制限を解除することで合意

韓米首脳、ミサイル弾頭重量制限を解除することで合意

文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米国大統領が4日夜に電話会談を行い、北朝鮮の6回目の核実験に対する対応策の一つとして、韓米ミサイル指針に設けた韓国のミサイル弾頭重量制限を解除することで合意した。

また、文大統領は、北朝鮮の度重なる核・ミサイル挑発への対応措置として、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の臨時配備を韓国の国内手続きに沿って最大限迅速に完了すると明らかにした。文在寅政権発足後、THAADの迅速な配備を圧迫してきた米国が、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星-14」型の発射後、韓国が求めてきたミサイル弾頭重量制限の解除を電撃的に受け入れることで、事実上利益を交換したものと言える。しかし、両首脳がこれまで北朝鮮の重なる挑発にも一貫して強調してきた「平和的解決策」を明示的に言及しておらず、「韓国は北朝鮮に対する融和的な対話が作動しなかったことに気づいている」として文大統領の対北朝鮮政策を批判したトランプ大統領の圧迫に引き回されているのではないかという疑問の声もある。





両首脳は同日夜10時45分から40分間にわたって行われた電話会談で、北朝鮮の核実験は韓国と米国の両国はもちろん、国際社会の度重なる警告と国連安全保障理事会決議を違反しただけでなく、朝鮮半島と北東アジアはもとより国際社会の平和・安全に対する深刻な挑戦であり、その規模と性格面から過去とは次元が異なる挑発であるという認識を共にすると同時に、北朝鮮の挑発を強く糾弾したと大統領府のパク・スヒョン報道官が伝えた。

文大統領は「今回の核実験は過去より何倍も強い威力を示した点と北朝鮮自らがICBM装着用の水爆実験と主張したという点で、非常に懸念すべき状況」だとしたうえで、「国際社会と協力してこれまでとは次元が異なる、そして北朝鮮が痛感できる強力かつ実質的な対応措置が必要だ」と強調した。これに対し、トランプ大統領は全面的な共感を示し、緊密に協力していくことを約束したと、パク報道官は明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
ハンギョレ新聞は、文大統領は同日、ロシアや日本、ドイツの首脳とも電話会談を行い、「最高レベルの対北朝鮮制裁と圧迫」を強調し、協力を約束したと報じた。文大統領は同日夜11時30分、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と20分間にわたり会談し、「北朝鮮への石油供給の中断と北朝鮮の海外労働者輸入禁止など、北朝鮮の外貨収入源を根本的に遮断できる案を国連安保理で真剣に検討しなければならない時」と明らかにしたという。

本当??と言う疑問が残る。ロシアが簡単に協力するという態度対応は疑問であるし、口では何とでもいえるわけで、もともとは北と南のわがままから始まったことであるから、南朝鮮が軍力で北朝鮮を制圧するのが朝鮮戦争継続を止める唯一の方法となる。ところが朝鮮戦争敗戦寸前をアメリカに助けられて、今日があるわけで、北朝鮮からすればアメリカは厄介である。

韓国が北朝鮮を制圧する事すら出来ないまま70年経過し、タイミングを逃したのも事実。脅威になってから何とかしてくれでは、朝鮮人のわがままで始めた戦争は、朝鮮人で決着をつけるべきだが、北を支えるロシアと南を支えるアメリカの責任も大きい。とはいえ、北朝鮮から国を守るための在韓米軍であるから、南朝鮮の立場は弱い。トランプが北朝鮮を攻撃することは無いと正式に北朝鮮に通達するとどうなるのか…。朝鮮人は信用できないのだが、アメリカが朝鮮半島へ介入しないとすれば、南朝鮮は必死になるだろう。在韓米軍撤退は実は少しづつすでに始まっているが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月05日 09:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp