韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  北朝鮮核危機の中、突然韓国に矛先を向けたトランプ

北朝鮮核危機の中、突然韓国に矛先を向けたトランプ

北朝鮮核危機が高まる中、ドナルド・トランプ米大統領が韓国に矛先を向けている。米国ではトランプ大統領が支持層結集のために北朝鮮核危機を利用しているという非難が出ている。 3日の北朝鮮による6回目の核実験後、トランプ大統領はツイッターに「韓国は私が彼らに述べてきたように、北朝鮮に対する融和的な対話が作動しないことに気づいている。彼らは一つだけを理解する」と書いた。トランプは前日には改定交渉に入った韓米自由貿易協定(FTA)の廃棄を議論していると示唆した。

4日午後までホワイトハウスは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談のスケジュールを確定しなかった。日本の安倍晋三首相とトランプ大統領が前日、北朝鮮の核実験実施に前後して2回電話で話したのとはずいぶん違う様子だ。いわゆる「コリア・パッシング」が行われるのではないかという論議が起こると、大統領府関係者はこの日、「米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)から昨夜、返答があった」とし、「韓米間に意見の食い違いは全くないという内容だった」と釈明した。





米国の主要メディアは、トランプの行動に当惑するという報道を流した。ニューヨークタイムズは「北朝鮮の核実験後、トランプはなぜ韓国に最も鋭い批判を行ったのか?」、ワシントンポストは「ソウルはトランプの批判を無視しようとしている:ある観測筋はソウルは彼が正気ではないと心配していると言っている」、ウォールストリートジャーナルは「北朝鮮は核の筋肉を誇示しているのに、米国は韓国との喧嘩を選択した」というタイトルの記事を流した。

エスカレートする核危機で韓米両国の協力が切実な時期に、トランプが韓国を叱咤し圧迫していることに対する批判が広がっている。トランプが安保と経済問題を入り混ぜて、混乱を引き起こしているという指摘だ。ニューヨークタイムズは「トランプにとってこの危機は、自分の経済的ポピュリズムの選挙運動の基盤である通商問題が大統領として追求する安保問題とどのように衝突するかを赤裸々に示している」と指摘した。同紙は「安保問題では協力しながらも、通商問題では圧迫することができた前任者たちとは違い、トランプはその二つの問題を明白に連携させて自らを隅に追いやった」と批判した。米下院情報委員会のアダム・シフ幹事(民主)は「われわれは韓国と手を取って協力する必要がある」とし、「韓国との分裂を示すのは話にならない」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮戦争をきっかけに在韓米軍を配置した。在韓米軍は、大韓民国に駐在しているアメリカ軍の陸・海・空軍部隊の総称となる。朝鮮戦争の際に国連軍主力部隊として派遣され、戦後に引き続き駐在している。ニクソン、カーター時代から削減が始まり、90年代より世界的な米軍再編により、段階的に削減されている。一方で、米国と韓国は4日、北朝鮮のさらなる挑発をけん制するため、米軍の原子力空母や戦略爆撃機の朝鮮半島沖への派遣について協議に入った。韓国国防省が同日、国会の国防委員会で明らかにしている。同省はこの中で、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)再発射の可能性があるとの見方も示しており、米朝間の緊張の度合いは高まったとした。

トランプからすれば在韓米軍設置後進展しない韓国政府の動きに不満を持っているのは事実。韓国利用価値が薄れた今、アメリカは少しづつ撤退をし始めているわけで、在日米軍基地内への移動も始まろうとしている。これらの事はほとんど報じられることは無い。本来、朝鮮人が解決すべきことで、アメリカが解決するべきことではないという側面もある。朝鮮半島はロシアさらに中国の監視としては都合が良い場所でもあるし、韓国から中国を通じた経済状況を知る上でも重要ではあったが、トランプはアメリカ自国の内需に必死である。韓国を甘やかしすぎたツケでもあるわけで、韓国には今後強い姿勢で臨むのではないか…。トランプ自身、暴走しないことを祈るが…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月05日 10:13 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp