韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮危機、文大統領は希望ではなく代案を示せ

北朝鮮危機、文大統領は希望ではなく代案を示せ

北朝鮮がブースト型核分裂弾あるいは水素爆弾実験を強行したことで、北朝鮮の核問題は新たな段階に入った。今回の核実験は「9・3事態」とも言うべき重大なものだった。韓国国防部(省に相当)の宋永武(ソン・ヨンム)長官も昨日国会で「北朝鮮は核弾頭の小型化・軽量化の能力を持ったと推定できる」と発言した。これが事実なら韓国を攻撃できる核ミサイルがすでに完成されたことになる。その核も単なる核ではなく、非常に大きな破壊力を持つ水素爆弾クラスだ。大韓民国のレッドライン(禁止線)を踏みにじったのはもちろん、近く米国のレッドラインをも越える大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射する可能性もあるようだ。

冷静に考えれば今の状況はすでに取り返しがつかなくなったと見るべきかもしれない。北朝鮮は20年以上かけて核開発戦略を成功に導き、韓半島(朝鮮半島)問題の運転席に座った。ところが韓国と米国の両政府は今なお9・3事態以前と同じ対応ばかり続けているようだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日本の安倍首相との電話会談で「北朝鮮が対話に出てくるまで最高レベルの圧力と制裁を加えるべきだ」と述べ、米国も中国を通じた圧力や軍事的対応策に言及している。





対話によって核を放棄するような北朝鮮であれば、核問題はとっくの昔に終わっていただろう。核の廃棄は北朝鮮の金氏王朝が存在する限り不可能だ。韓国、米国、日本による北朝鮮への圧力はもはやその方法もなくなった。中国が北朝鮮向けの石油支援をストップすることも考えられない。米国が中国に圧力を加えればそれだけ両国の対立は深まり、それは北朝鮮が最も望むシナリオとなる。米国のマティス国防長官は「米国は(北朝鮮を壊滅させる)多くの軍事オプションを持っている」と述べた。しかし5000万人の韓国国民が核の人質となった今、米国が北朝鮮を攻撃することなど不可能だ。攻撃するとしても、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がどこにいて、核兵器がどこにあるのかも分からない。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、北朝鮮の核の脅威に対抗して韓国が選ぶ「最後のカード」には、独自の核武装があると報じた。北朝鮮が核武装を完了した後、朝米交渉を通して在韓米軍が一方的に撤収するなど「最悪の状況」が迫った場合には、「最後のとりで」として独自核武装のカードを切るべきだという。技術的側面だけから言えば可能な話だ。専門家らは「韓国の核武装は技術ではなく意思の問題で、決心しさえすれば1年半から2年以内に核兵器を持つことができる」と語る。

朝鮮日報もアホなことを報じる。朝鮮人に核を持たせるなど論外だろう。北と南の朝鮮半島主権問題すら解決できないのを棚に上げて、今度は核保有に切り替えるのでは、馬鹿の上にアホが付く。原発の放射線漏れが深刻な韓国である。「最後のカード」としての独自核武装が持つ価値は認めている等と報じないで、70年解決できない結果が核保有では論外だろう。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月05日 11:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp