韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  ロシアの東方経済フォーラム、北朝鮮が代表派遣

ロシアの東方経済フォーラム、北朝鮮が代表派遣

ロシアのウラジオストクで6日から開かれる「東方経済フォーラム」に、北朝鮮が代表団を派遣したことが5日、分かった。北朝鮮の朝鮮中央通信は、同フォーラムに出席するため「金英才(キム・ヨンジェ)対外経済相を団長とする政府の経済代表団が4日に平壌を出発した」と報じた。

東方経済フォーラムは、ロシア政府が極東開発のための投資誘致や周辺国との経済協力活性化を目的に2015年から毎年開催している会議。ロシアと北方領土問題を抱える日本の安倍晋三首相は毎年欠かさず姿を見せており、16年には当時の朴槿恵(パク・クネ)大統領が韓国の首脳として初めて出席した。今年は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席する。

北朝鮮は15年に代表団を派遣したが、16年は予想に反して欠席。ロシア側は当時「技術的な理由」で出席できなくなったと伝えていた。今年は再び代表団が訪ロし、ロシアとの経済協力事業を積極的に協議すると見込まれる。




ロシアは極東地域の開発に重点を置き、現地の不足した労働力を補うため北朝鮮労働者を積極的に受け入れてきた。北朝鮮としては、国連安全保障理事会の制裁で労働者の追加派遣や地下資源の輸出が禁じられ、ロシアとの経済協力の可能性を探る必要がある。

ロシアは自国の極東沿海地方ハサンと北朝鮮北東部・羅津間の鉄道を媒介とする韓国、北朝鮮、ロシアの協力事業に大きな関心を持っている。北朝鮮を貫く鉄道を用いた物流事業だけでなく、パイプライン建設を通じたガス管連結事業、極東地域の余った電力を韓国側に送電する事業なども関心事だ。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
政府が、9月6、7両日にロシア極東のウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」に河野太郎外相を出席させる方向で調整していることが28日、分かった。期間中に行われる予定の日露首脳会談にも同席する見通しだ。河野氏が外相就任後、プーチン露大統領に会うのは初めてとなる。フィリピン・マニラで会談したラブロフ露外相も東方経済フォーラムへの出席を予定しており、河野氏はラブロフ氏とも面会して一層の信頼関係強化を図るという。

ロシアは、原油価格の急落にもかかわらず、経済危機を免れているが、その先行きはプーチン大統領が5年前に考えていたほど明るくはない。原油価格は暴落し、7月上旬時点で50ドル以下であるから、2011〜2012年ピークの半分に届かない。輸出の大半を石油と天然ガスに頼っている国にとっては大打撃だ。ロシアが財政危機を免れていること自体、驚くべきことである。これには、ロシア連邦中央銀行が果たしている役割が大きい。だが、そのしわ寄せの大部分は消費者に降りかかっている。

ロシア規模の不況が民主主義の西側諸国で起きたとすれば、政治的に乗り切るのは極めて困難だったろう。だが、プーチン氏の権力は、まるで揺らいでいない。今回の東方経済フォーラムでロシアにどれだけ投資し、ロシア経済後押しができるのかは、日本政府の動きにかかっているともいえる。北朝鮮問題や、奔放領土問題が進展するとは考えにくいが、悪い方向になることは無いだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月05日 12:42 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
ロシア人は働くのか
極東ロシアは自給自足の先住少数民族がいた場所へ、
ソ連、ロシアが国策でロシア人、ウクライナ人を
移住させた地域であって、元々自立経済の思想が
乏しい。中央の支援が細った現在、どうやって
食って行くか、深刻な問題である。
食えないと人は離れていく。

極東ロシアは人口減少が激しく、今は620万人くらい。
なので、海外から見ると消費市場としては小さい。
ロシア人は加工産業で生きる気概はないから、
製造拠点にもなれない。

東方経済フォーラムをやれば、日米中朝韓、みな
来るが、思惑はいろいろだろう。
北朝鮮は、もっと北朝鮮労働者を使ってくれという
話をしたいのではないか。
[ 2017/09/05 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL