韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  錦湖タイヤの中国系企業売却交渉不調に

錦湖タイヤの中国系企業売却交渉不調に

韓国タイヤ大手、錦湖タイヤを中国系企業に売却しようとした計画が事実上不調に終わった。

同社の主債権銀行である韓国産業銀行によると、優先交渉対象者だった中国の青島双星集団(ダブルスター)が追加的な価格見直しなど債権団側が受け入れられない条件を提示したため、交渉が決裂した。債権団は株式売買契約の解除を通知する売買契約解除合意書を双星集団に送ることを決めた。双星集団が交渉継続を希望すれば、交渉が再開されることもあり得るが、現時点では可能性は低いもようだ。

これに先立ち、債権団は今年3月、双星集団を錦湖タイヤ売却の優先交渉対象者に選び、交渉を続けてきた。交渉は比較的順調だったが、先月発表された錦湖タイヤの中間決算が赤字だったことで難航し始めた。当初から交渉期間内に錦湖タイヤの業績が悪化した場合、契約を解消できるという条項が含まれていた。





双星集団は契約解消ではなく、買収価格を引き下げる方向で交渉を再開した。債権団は双星集団の要求に従い、売却額を9550億ウォン(約915億円)から8000億ウォンに引き下げるが、5年間のリストラ禁止などを要求した。しかし、双星集団は7-9月期の錦湖タイヤの業績が悪化した場合、さらに買収額を800億ウォン引き下げるか、契約を解消する権利を求め、交渉が決裂した。

債権団はすぐには買収先が見つからない状況を考慮し、錦湖タイヤの経営を現在担っている錦湖産業に今年12月までに経営危機を打破する自主再建計画を提出するよう求めた。仮に自主再建計画が提出されない場合、自主再建計画が債権団の期待に沿えない場合には、現経営陣を直ちに解任する方針だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
売却の長期化で混乱する錦湖(クムホ)タイヤにまた他の心配事ができた。一部の自動車会社の間で錦湖タイヤが中国に渡れば、錦湖製品を使わないという話が出ているからだ。昨年の生産の遅れなどで海外市場で苦戦した錦湖タイヤは、韓国国内供給まで減少を恐れ、気をもんでいる。一部韓国国産車メーカーの営業担当者の間で錦湖タイヤがダブルスターに売却された場合、自社の乗用車に錦湖タイヤの製品を使用しないという言葉が出ている。錦湖ブランドが今後ダブルスターに変われば、製品のイメージと信頼度の下落で、錦湖製品を使うことができないという。

錦湖タイヤの買収優先交渉対象者に選定されたダブルスターは全世界タイヤ市場30位圏の企業で技術力と品質水準が有名ブランドに比べて大きく劣る。また、ダブルスターはトラックなど商用タイヤ専門メーカーで乗用車のタイヤ市場で認知度が低い。韓国・錦湖アシアナグループの朴三求会長は1日、錦湖タイヤの商標権を中国企業に使用させる契約をめぐり、産業銀行の提案を受け入れる考えを明らかにした。錦湖タイヤは今年1四半期の連結財務諸表基準の営業損失281億ウォンを記録した。 昨年の営業利益151億ウォンから今年は赤字に転じている。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月06日 11:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp