韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の製造業は、すでに中国市場で不可逆的な末路を迎えている

韓国の製造業は、すでに中国市場で不可逆的な末路を迎えている

中国メディア・今日頭条は2日「韓国の製造業は中国ですでに末路を迎えている」とする記事を掲載した。記事は、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題以前に、韓国の製造業は中国においてボトルネックの状態であったことを指摘している。 記事は「韓国は鉄鋼、造船、自動車、電子などの分野において世界のトップ10に入り、サムスン、現代、LGなどのメーカーは中国での知名度も高い。しかし近ごろ、韓国の製造業は中国において斜陽の状態であり、かつての輝きがもはや見られなくなっている」とした。

そして、サムスン製携帯電話の中国市場シェアが2014年の20%から16年には8.6%、今年上半期にはわずか3%にまで落ち込み、LGに至っては16年のシェアが0.1%にとどまり、中国市場撤退の情報まで出たと紹介。テレビやエアコンといった家電製品も「すでに消費者から忘れ去られている」ほか、現代自動車も近ごろサプライヤーの部品供給が止まったで生産の一時中止を余儀なくされ、今年1-7月の販売台数も42万台に甘んじ、125万台という年間目標の達成はすでに絶望的だと伝えている。





韓国の製造業が中国で窮地に立たされている理由について記事は「製品の力不足に加え、ピンチの対処が不適切といった問題がある」と指摘。サムスンのGalaxy Note7の爆発問題で、国際市場と中国市場を別扱いして中国消費者の反感を買ったことを例に挙げ、「サムスンの傲慢さに加えて、中国のライバルとの競争に巻き込まれたことで市場シェアはがた落ちした」とした。さらに、現代自動車については「製品力不足、今一つな評判、先進的な技術や有力な製品を出せないことを考えれば、ブランドの没落も当然」と厳しく評した。

記事は「韓国製造業の中国における低迷は、不可逆的である可能性が高い。少なくともかつての輝きを取り戻すのは極めて困難だろう。中国という世界の工場がハイエンド製造へとモデルチェンジするのに伴い、韓国企業は中国市場、ひいては世界市場においてより厳しい試練と激しい競争に晒されることになる」と論じている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
高高度防衛ミサイル(THAAD)配備への報復で中国内の韓流コンテンツ流通が制限された中、日本コンテンツの人気が高まっている。日本経済新聞は2日、裕福な親の世代のおかげで消費力がある10・20代の中国の若者が日本のゲームやアニメに惜しまず財布を開いている。日本漫画を原作として昨年秋に発売されたモバイルゲーム「陰陽師」は、中国での日本文化人気を見せる事例だ。「陰陽師」は昨年10月から12月までの3カ月間、中国だけで800万件のダウンロードを記録するなど大ヒットした。この期間、ゲームアイテム購入などによる収益は150億円に達した。

昨年12月に中国で公開されたアニメ『君の名は。』は2カ月間で5億7700万元の売上高となった。中国で公開された日本映画で歴代最高だ。上映館も6万7823館と、日本映画史上最多だった。今年、中国アニメ市場規模は1500億元と、2010年比で3倍ほど成長する見込みだ。 市場がこのように拡大すると、中国企業はお金になる日本コンテンツの獲得競争を繰り広げている。日本の東洋経済によると、中国人気ウェブ小説を原作として昨年1月に日本で初めて放送されたテレビアニメ『霊剣山』の場合、中国のIT大企業テンセントが制作費の約90%を投資した。中国では韓流が冷め、日本コンテンツ浮上中だ。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月06日 11:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
攻めと守り
韓国にとって中国は鬼門ですね。
文在寅が反北の方針を強めれば、
さらに反韓がトーンアップしそうだ。
戦(いくさ)には攻めと守りがあるから、
ここは中国撤退作戦でしょう。
問題は、サムスン、ヒュンダイの大工場。
順次縮小して設備を本国に帰す。
[ 2017/09/06 12:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp