韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  北朝鮮関連、声を高めるプーチン、朝鮮半島に戻ってきたロシア

北朝鮮関連、声を高めるプーチン、朝鮮半島に戻ってきたロシア

ロシアが朝鮮半島に戻ってきつつある。北朝鮮核問題と関連して、中国以上に北朝鮮の立場を弁護して、米国を強力に牽制し、朝鮮半島問題に対する影響力を拡大している。ロシアが北朝鮮核問題の新たな変数に浮上した。

ロシアのウラジミール・プーチン大統領が6日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談で「圧迫と制裁だけでは北朝鮮核問題を解決できない」として、ロシアと中国が提示したロードマップのみが解決策だと強調した。プーチンはこの日、韓国側が要求したと知られた北朝鮮に対する原油供給の中断などの制裁強化には参加しないという意向を明確にした。ソ連崩壊以後、朝鮮半島問題に最も積極的に介入する歩みだ。

プーチン大統領のこうした立場は、第一に米国を狙ったものと見られる。北朝鮮の6回目の核実験以後、米国が主導し推進する国連安保理の新たな対北朝鮮制裁決議案にブレーキをかける信号と見られる。ワシーリー・ネベンジャ国連駐在ロシア大使は、米国が決議案の表決を11日までに行うという目標を明らかにしたことに対し「多少時期尚早」だと述べた。




ロシアはソ連崩壊以後、朝鮮半島問題に積極的に関与する意志も能力もほとんど見せてこなかった。北朝鮮核6カ国協議の参加国ではあったが、議論の中心には組み込まれない周辺的な役割に過ぎなかった。そうしたロシアが、最近突然北朝鮮を積極的に弁護し、北朝鮮核問題に対する介入の幅を拡げているのは、米国との関係でテコにしようとするプーチンの計算が作用したものと見られる。クリミア半島占領と米大統領選挙介入問題で軋轢が強まっている米国を圧迫する手段だ。

ロシアは最近、国際社会から孤立無援になった北朝鮮との経済関係を強化している。プーチン大統領は5日、記者会見で「第1四半期(ロシアの北朝鮮に対する)原油・石油製品の供給は4万トンだった」 「北朝鮮労働者のロシア送出もすべて合わせても3万人だ」と明らかにした。制裁の効果が微小だということを強調するための発言だったが、最近拡大した朝ロ経済関係の断面を見せた。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮戦争の経緯を説明すると文献では、1945年8月8日よりソ連対日参戦により満洲国に侵攻したソ連軍(赤軍)は、当時日本領だった朝鮮の清津市に上陸していたが、連合国を構成していたアメリカ合衆国は、1945年4月12日に大統領に昇格したハリー・S・トルーマンの反共主義の下で、ソ連軍に朝鮮半島全体が掌握されることを恐れ、ソ連に対し朝鮮半島の南北分割占領を提案した。ソ連はこの提案を受け入れ、朝鮮半島は北緯38度線を境に北部をソ連軍、南部をアメリカ軍に分割占領された。

1945年8月15日に日本はポツダム宣言を受諾、連合国に降伏し朝鮮は解放された。しかし平壌に進駐したソ連軍は朝鮮半島北部を占領、既存の朝鮮建国準備委員会を通じた間接統治を実施し、朝鮮半島南部には9月8日に仁川に上陸したアメリカ軍が朝鮮建国準備委員会を解体した後、在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁による直接統治を実施、朝鮮半島は米ソ両国によって南北に分断されたまま、朝鮮半島内で抗日運動を行っていた人士や海外から帰国した左翼と右翼が衝突する連合国による軍政を迎えた。

その後、米ソ対立を背景に1948年8月15日、南部に大韓民国が建国され、翌9月9日に残余の北部に朝鮮民主主義人民共和国が建国された。南北の軍事バランスは、ソ連および1949年建国の中華人民共和国の支援を受けた北側が優勢で、武力統一支配を目指す北朝鮮は1950年6月、国境の38度線を越え軍事侵攻に踏み切ったとしている。

今回、プーチンが北朝鮮の6回目の核実験以後、北朝鮮を弁護し米国を牽制する立場を見せるのは当然と言える。5日、中国の廈門で開かれた新興5カ国(BRICS)首脳会議後の記者会見では、北朝鮮の核実験を「挑発」と非難しながらも「いかなる種類の制裁も今は役に立たず非効果的であろう」と述べている。プーチンは、特に「私たちを北朝鮮と同じ制裁に載せておきながら、北朝鮮に対する制裁に私たちの助けを要請するとは笑わせる」として「これは、オーストラリアとオーストリアを混同する人がすることだ」と米国を批判している。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月07日 09:32 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL