韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国民の安全は眼中にない大国・中ロの傲慢

韓国国民の安全は眼中にない大国・中ロの傲慢

北朝鮮による6回目の核実験で北東アジアの安全保障が揺らぐ中、6日に韓ロ首脳会談が行われた。ロシアは北朝鮮に対する制裁措置で残された「原油供給中断」を実行する鍵を握った国だ。米国の圧力で中国がパイプラインを閉めたとしても、ロシアが供給を続ければ意味がない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「北朝鮮に対する原油供給中断はやむを得ない」とロシアに協力を求めた。これに対し、ロシアのプーチン大統領は「原油供給中断が北朝鮮の民間に被害を与えることを懸念する」として、事実上拒否した。北朝鮮の民間に石油がなくなることで生じる被害は心配するのに、韓国国民5000万人が直面する死の恐怖は知らないというわけだ。予想していたことだが、憤りを禁じ得ない。

国連安全保障理事会は11日、原油の禁輸など北朝鮮に対する追加制裁案の採決を控えている。中ロの態度が鍵だ。ロシアと同様に中国も消極的だ。米国のセカンダリーボイコット(北朝鮮と取引を行う第3国の企業・個人に対する制裁)を意識した中国が原油供給の上限や期間を定め、部分的に供給を中断するといった妥協が図られるとの観測もある。誠意を示すという意味で、数カ月だけ供給中断のふりをするのではないかとの見方だ。金正恩(キム・ジョンウン)氏が核を放棄するどころか、国連制裁は役に立たないという認識だけが定着するだろう。




大国はいかなる地域問題についても、それを大国間のゲームとしてとらえる。彼らにとっては北朝鮮の核問題そのものではなく、それによって米国、中国、ロシアによる覇権争いがどうなり、米ロ間の国際政治にどんな影響が及ぶかが重要だ。韓国国民の安全は眼中にない。中国が「北朝鮮の核をなくすために北朝鮮の政権を崩壊させることはない」との原則を定めたのもそのためだ。ロシアも米国とのゲームで北朝鮮というカードを放棄する考えはない。金正恩氏はそうした事実を最大限活用している。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、中ロ両国が北朝鮮の核を容認し、金正恩体制をかばうことで背負うことになる負担を持ちこたえられないほど重いものにする必要がある。実際にその力を持つ国は米国と日本だ。結局は韓米日の協調でこの複雑な事態に対処していくほかないと締めくくっている。これは社説である。

何というのか、自国防衛で自国が実施すべき事すら出来ないのを棚に上げて、日米というよりは内心では日本と言いたげである。自国が危険となれば、すぐすがる国である。自己都合にもほどがある。約束を守らないだけでなく、すがりつくのもこの国の特徴である。現在、反日政策とはいえ反日記事は消えている。報道はスポーツニュースを取り入れて殆ど北朝鮮ニュースとなる。一方、ネットでは韓国関連のブログ閉鎖等が相次いでいる。

このサイトは、FC2ブログでは10位外に放り出されたが、広告から見るページビューでは変化はない。もっとも今年初めに半分に減ったわけで、見切りが付いたという事だろうか…。FC2のランキングは裏があるのだが…。その事よりも韓国関連ブログ減少で、一部の嫌韓ブログが残ってはいるが、厳しい広告業界も当然単価を下げる事になる。このサイトはスマホがほとんどとなるので、まだHP主体の他サイトとは様相が違うようである。しかし他のコンテンツを含めて、見直す時期となったのは事実。今後は幅を広げて他国経済を取り入れることになる。

従って韓国の興味は限定的な人たちで維持されてきたが、それすらも半減したわけで、実感しているのは日本語版の韓国メディアではないか…。ネタ切れのメディアでは利用価値もない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月07日 10:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL