韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ベンツが3カ月連続1位 日本車シェア2割超=韓国輸入車市場

ベンツが3カ月連続1位 日本車シェア2割超=韓国輸入車市場

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、8月の輸入車の新規登録台数は1万7547台で前月より0.5%減少した。前年同月比では10.1%増。ドイツの高級車メルセデス・ベンツが販売台数1位の座を守った。

KAIDAの尹大成(ユン・デソン)副会長は「8月の輸入車市場は夏休みシーズンという季節的要因と一部ブランドの在庫不足などで前月より多少萎縮した」と説明した。 国・地域別ではドイツなど欧州車のシェアが69.9%でトップ。日本車のシェアは21.1%に達した。

ブランド別ではベンツが5267台を売り上げ、3カ月連続1位。続いてBMW(4105台)、トヨタ自動車(1210台)、レクサス(1201台)、ミニ(826台)、フォード・モーター(792台)、ランドローバー(743台)、クライスラー(630台)、ボルボ(602台)、ホンダ(541台)などの順だった。




一方、8月のベストセラーモデルはBMW520d(921台)で、レクサスES300h(733台)、ベンツE220d 4MATIC(690台)などが続いた。燃料別ではディーゼル車が8559台(48.8%)で最も販売台数が多かった。ガソリン車とハイブリッド車(HV)の比率はそれぞれ39%(6835台)、12.3%(2152台)だった。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
マークラインズ株式会社では、韓国メーカー5社が発表した8月の国内新車販売台数は、前年同月比12.2%増の12万847台となったと伝えている。企業別では現代が前年同月比29.6%増の5万4,560台 (シェア45.1%)で首位、2位が起亜で9.7%増の4万1,027台 (シェア33.9%)、3位が韓国GMで21.7%減の1万4台 (シェア8.3%)、4位が双竜で7.5%増の8,255台 (シェア6.8%)、5位がルノーサムスンで9.2%減の7,001台 (シェア5.8%)となっているとした。1‐8月のグローバルの累計販売台数は、前年同期比で現代が7.2%減の286万8,282台、起亜が7.8%減の175万9,130台、韓国GMは7.1%減の36万1,716台、双竜は6.1%減の9万3,483台、ルノーサムスンが14.9%増の18万1,106台。

現代自(起亜自含む)の世界販売台数は1-8月まで、460万台販売であるから、このまま行けば年間690万台となる。昨年788万台を販売したがストの影響で減少としたわけで、今年はストと中国報復があり700万台を切れば2013年頃の状態となる。本来の実力値に戻るという事だろうか…。中国とアメリカ販売低下にしては、もっと大きな打撃かと思ったが…、台数だけは程々となる。これには裏があるわけで、自動車ローン等のカラクリも限界ではないか…。現実は数値以上に厳しいはず。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月07日 11:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL