韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国と北朝鮮核問題の解決協力はおろか、さらなる経済報復に直面か

中国と北朝鮮核問題の解決協力はおろか、さらなる経済報復に直面か

7日未明、政府が高高度防衛ミサイル(THAAD)発射台4基を追加配備を強行したことで、対北朝鮮制裁の“実質的影響力”を持っている中国・ロシアとの協力も、さらに苦しくなる見通しだ。在韓米軍のTHAAD体系と運用を米国のミサイル防衛(MD)体系の一環として認識している両国が、THAAD配備に激しく反発しており、中国・ロシアと協調するどころか、さらなる“報復”に直面するものと見られている。

中国外交部の耿爽報道官は7日の定例記者会見で、「我々は、米韓が中国など地域国家の安保利益と憂慮を重視し、直ちに関連配備プロセスを中断して関連設備を撤収することを再度求める。中国はすでにこれと関連し、韓国に厳重に抗議した」と明らかにした。中国政府は前日、キム・ジャンス駐中韓国大使を呼んで公式に抗議したという。中国メディア「環球時報」同日、「THAADを配備した韓国は二つの質問に答えよ」という題名の社説で、「(THAAD配備により)保障される韓国が安全が、(それによって)脅かされる中国とロシアの安全よりも高い価値を持つのか」とし、「韓国がTHAADを配備することで、韓米両国が安全になるなら、中国とロシアは朝鮮(北朝鮮)に対する制裁を中止し、正常な関係を回復してもいいのか」と問いただした。




北朝鮮の核・ミサイル挑発に対する国際社会の制裁は次第に強まっているが、北朝鮮が実質的に依存している中国とロシアが独自で積極的な圧迫・制裁を加えない限り、国際社会の決意が実効性を持つのは難しい。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、北朝鮮の6回目の核実験後、北朝鮮への原油供給の中断が含まれた国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議案の採択を推進する方針だが、国連安保理常任理事国である両国の協力なしには採択が不可能だ。しかし、ロシアのプーチン大統領は前日、文大統領との首脳会談で「圧迫と制裁だけでは北朝鮮の核問題を解決できない」としたうえで、「(北朝鮮核問題の解決策の)具体的な構想は、ロシアと中国が作った北朝鮮核問題の解決ロードマップに盛り込まれている」と述べ、韓米日の協力の動きに批判的な態度を示した。

専門家らはTHAAD配備が、北朝鮮核問題において、韓ロ・韓中間のコミュニケーションに悪影響を及ぼすものと見ている。 中国が朝鮮半島へのTHAAD配備を米国の包囲戦略として認識している状況で、関係の悪化は避けられないものとみられる。北京大学の王東教授は、ハンギョレとの電話インタビューで「THAADは、中韓の相互信頼に損害を及ぼし、朝鮮(核)問題で有効な協力を進める上でもある程度影響を与えるだろう」とし、「THAADは中韓関係に打ち込まれたくさびのようなもので、中国と韓国がこれを抜くために努力しない限りは、これからも血と苦しみが続くしかない」と話した。北韓大学院大学のヤン・ムジン教授も「(今回のTHAAD配備で)米国のMD体系に近づいており、結局朝鮮半島情勢が韓米日対対朝中ロの構図に回帰している」と懸念を示した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
「われわれは、貧困や苦境など、まったく恐れていない。朝鮮戦争の休戦から60年以上が過ぎたが、わが国は常に経済的苦境の中を生き抜いてきたのだ。'90年代半ばには、『苦難の行軍』(約200万人が餓死した3年飢饉)を乗り切った。わが国は朝鮮戦争で米帝を蹴散らしたが、まだ完全な終戦には至っていない。この『戦争状態』を終結させ、平和な時代を築くには、わが国の自衛手段である強力な核兵器は、絶対に欠かせないのだ。このことは、将軍様(故・金正日総書記)の『遺訓』でもある。今後、米帝とその同盟国らがわが国に対して制裁を加えるのなら、わが国は戦争をも辞さない。今回の水爆実験を経て、朝鮮人民軍の士気は、かつてないほど高まっている。われわれには失うものなど何もないのだから、世界最強の米帝とだって、一戦交える覚悟はできている」

朝鮮労働党幹部が上記を語ったのは昨年1月である。その当時には中国の怒りは本気モードだったが、いまはロシアと模索合いの段階だろう。まずはアメリカ排除が先となる。韓国の使い道が薄れた今、密かに朝鮮半島の主権争いは大国に移りつつある。トランプ大統領は、自国に専念であるから、朝鮮半島にさほど興味を示さない。それどころか韓国叩きとなっている。日本敗戦後に訪れた朝鮮半島をめぐる主権争いは次第に大国へ移行しつつある。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月08日 09:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL