韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  中国が原油供給を中断しても、すぐには北朝鮮の核・ミサイルに影響せず

中国が原油供給を中断しても、すぐには北朝鮮の核・ミサイルに影響せず

「最高レベルの制裁と圧迫」を加えると公言した米国の切り札は、まさに「北朝鮮に対する原油供給中断」だ。北朝鮮が国際社会の圧迫に耐え切れず、交渉の場に出てくるように、最後の手段を取り出すということだ。北朝鮮に対する原油供給量の大半を占める中国が、今回の新たな対北朝鮮制裁に参加するかどうかが注目を集めているのもそのためだ。北朝鮮の年間石油消費量については、正確な数値が確認されていない。ただし、米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は2016年、北朝鮮で消費された石油が74万トン余りと推算しており、統計庁は北朝鮮の2014年の石油消費量を約73万トンと推定した。

中国の対北朝鮮原油輸出量はおよそ年間50万~60万トンとされる。今年7月末、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が発表した「2016年北朝鮮の対外貿易動向」報告書によると、北朝鮮が昨年中国から輸入した原油は52万5000トンという。エネルギー経済研究院は2015年、中国の対北朝鮮原油輸出が年間50万~58万トン程度を維持しているという資料を発表した。公開された資料だけでも北朝鮮の対中原油依存度は70%を上回っている。公式統計に表れない“現物取引”、つまり密輸まで含めると、数値はさらに高まると見られる。





現在、中朝間の公式原油輸送ルートである丹東-新義州(シンウィジュ)の送油管のほかにも、南浦(ナンポ)港・海州(ヘジュ)港をはじめ、東の羅津(ナジン)港・先峰(ソンボン)港などを通じて、かなりの量の原油が密輸されているとされる。
しかし、専門家らは北朝鮮への原油供給が中断されても、直ちに北朝鮮の核・ミサイル開発に影響を及ぼすことはないだろうと予想している。

米国の「ノーチラス研究所」が今月5日(現地時間)に発表した「北朝鮮への石油輸入制裁の影響と効率」報告書によると、中国が対北朝鮮エネルギー制裁に参加する場合、「北朝鮮は民間用の原油消費を年間需要量の40%まで減らし、多様な代替手段を投入するなど、北朝鮮軍の核・ミサイルプログラムには即刻的な影響がほとんどないだろう」と見通した。北朝鮮当局が真っ先に民間部門の発電用エネルギー供給や家庭用炊事・暖房、公共交通機関などへの供給量を減らすという分析だ。同研究所が2010年に発表した資料によると、北朝鮮の石油消費項目のうち、軍事用が19.2%、輸送が23%、発展が28.8%をそれぞれ占めているものと推定される。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮がロシアから年間20万~30万トンの軽油などの石油製品を調達していたと6月27日に毎日新聞が報じている。金正恩朝鮮労働党委員長の統治資金を管理する党機関「39号室」の元幹部が、共同通信のインタビューに証言した。北朝鮮の核・ミサイル開発阻止に向け、トランプ米政権は中国に年間約50万トンの原油供給を制限するよう迫っている。北朝鮮経済を支えるロシアルートの存在が明らかになり、制裁強化の新たな焦点となりそうだ。

北朝鮮は1990年代から燃料をロシアから輸入し、大半が軽油だった。シンガポールの複数の仲買業者を通じて、ウラジオストクやナホトカからタンカーで運んだという。中国が供給する原油を精製したガソリンや軽油は17万~20万トンで軍部門が独占するのに対し、ロシア産は自動車や船舶、列車など広い用途で流通し、北朝鮮の市場経済は中国よりもロシアに燃料を依存している状況だ。

一方で、北朝鮮の主要エネルギーは石炭となる。北朝鮮には、鉱業とは別に「石炭工業」という分野がある。北朝鮮は石炭工業を「経済発展に必要な燃料と工業原料を得るために、土の中から石炭を取り出す重工業の一部門」として定義している。韓国の鉱物資源公社の推定では、北朝鮮の石炭埋蔵量は世界5位であり、無煙炭45億トン、褐炭160億トンの計225億トンとなっている。これほど多くの埋蔵量を背景に、北朝鮮は1950年代から石炭中心の産業構造を維持してきた。われわれが石油産業中心であるのとは対照的だ。

北朝鮮が正確にどれほどの石油製品を輸入しているかはわからないが、ロシアから北朝鮮に入る石油製品は、年間40万トン前後と推定できる。中国の場合、おおよそ100万トン以上だ。東南アジアや中東から輸入される原油や石油製品までを含めると、北朝鮮は年間150万~200万トンの原油・石油製品を輸入していることになるが、半分は中国からである。もし、中国からの石油製品供給が中断されれば、原油・石油製品全体の輸入量の半分が供給されないことになる。ただしロシアから中国経由で北朝鮮と言うルートもある。北朝鮮が石油輸入が遮断されたとしても、非公式な取引市場で石油を調達でき、北朝鮮経済そのものは石油依存度が低いため、相当期間持ちこたえられるだろう。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月08日 09:46 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp