韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  フジテレビ、トランプ氏、日米電話会談で韓国を『物乞い』

フジテレビ、トランプ氏、日米電話会談で韓国を『物乞い』

米国のトランプ大統領が日本の安倍晋三首相に対し、北朝鮮との対話にこだわる韓国政府について「物乞いのようだ」と批判したと、日本のフジテレビが7日報じた。報道によると、トランプ大統領は、北朝鮮が中距離弾道ミサイルを発射して日本の上空を通過させた先月29日、安倍首相との電話会談の中でこのように述べたという。

フジテレビはさらに「トランプ大統領は(北朝鮮への)軍事的圧力の必要性について『誰かが(韓国に)伝えなければならない』と語った」として「トランプ大統領の意向を受けた形で安倍首相は文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談に臨み、その後再び日米電話会談が行われた」と伝えた。その上で「1日に2度と立て続けに行われた日米首脳会談の裏に、北朝鮮への軍事的圧力に及び腰の韓国と、これに不満を抱いた米国の間を、日本が取り持っていた内幕が垣間見える」と分析した。


一方、3日に行われた米日電話会談でトランプ大統領は「私は晋三と100パーセント共にある」として「もし米国が攻撃された場合、日本がわれわれを助けなければいけない」と述べたとフジテレビは伝えた。トランプ大統領は安倍首相を「晋三」と名前で親しげに呼んでいたわけだ。安倍首相もこれに対し「100パーセント米国と共にある」と応じたという。

フジテレビはこの報道について、独自取材の結果としただけで、具体的な情報元については明らかにしていない。日本政府は現段階でこの報道の真偽を確認していない。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の文在寅大統領をめぐり、先日行われた日米電話首脳会談で、アメリカのトランプ大統領が厳しい言葉で不満をあらわにしている様子が、FNNの取材で明らかにしている。北朝鮮の中距離弾道ミサイルが日本の上空を通過した8月29日の日米電話会談で、トランプ大統領は、北朝鮮との対話にこだわる韓国について、「物乞いのようだ」と痛烈に批判した。そのうえでトランプ大統領は、軍事的圧力の必要性について、「誰かが伝えなければならない」と語り、安倍首相は、いわば、その意を受けた形で日韓電話会談に臨み、その後に再び日米電話会談が行われた。

1日に2度と立て続けに行われた日米会談の裏に、軍事的圧力に及び腰の韓国と、それにいら立つアメリカの2国の間を、日本が取りもっていた内幕が垣間見える。一方、9月3日、核実験のあとに行われた日米電話会談では、トランプ大統領が「自分は100%晋三とともにある」とした一方で、「もし、アメリカが攻撃されたら、日本は、われわれを助けなければいけない」と相互の同盟関係を求め、これに対し、安倍首相が「100%アメリカとともにある」と応じる一幕もあった。

安倍首相が「100%アメリカとともにある」と応じたのは、互いの騙しあいに感じるが…、韓国を「物乞いのようだ」と表現したトランプは、トランプですらそう感じるのであるから、いままで韓国に対する日本の我慢は尋常ではない…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月08日 10:46 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL