韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  決別説流す中国合弁会社・・・現代車「THAADでお払い箱」か

決別説流す中国合弁会社・・・現代車「THAADでお払い箱」か

現代自動車と中国合作パートナーである北京自動車間の溝が深まる理由は合弁会社北京現代の部品供給体系を巡る争いが深刻な事態に陥っているためだ。北京車は最近、経営難を理由に韓国企業が主流である北京現代の部品会社への納品代金支給を先送りし、20%以上の単価引き下げを要求した。更に既存の協力会社の代わりに部品価格が30%ほど安い中国現地部品会社に供給網を交替しなければならないという主張までしている。中国に現代車と同様の形で進出した起亜自動車と現地の韓国協力会社の緊張も高まっている。

現代車と起亜車は2002年に中国に進出した。現代車は北京車と持株50対50の形態の合弁会社「北京現代」を設立し、起亜車(50%)は東風車(25%)、悦達車(25%)とともに合弁会社「東風悦達起亜」を設立した。2つの合弁会社の年間生産能力はそれぞれ165万台、89万台に及ぶ。




北京現代の場合、現代車は設計・生産・販売、北京車は財務を主に受け持っている。現代車単独で意志決定ができない構造だ。東風悦達起亜も同じだ。このような構造により、2002年の合弁会社設立以降から内部的に大小の摩擦が繰り返されてきたというのが現地関係者の声だ。中国に工場を置くある部品会社の代表は「北京車は数年前から2社の持株が50対50なのに現代車が主導権を行使することに不満を抱いてきたと理解している」とし、「特に現代モービスなど現代車系列会社に高い単価で部品供給を集め、合弁会社(北京現代)の収益性が落ちるという主張をしてきた」と耳打ちした。

水面下にあった摩擦は今年に入ってTHAAD報復の余波で中国内販売量が急減し、表面に現れ始めた。ことし1月から7月まで現代車と起亜車の中国内販売量はそれぞれ40.7%、54.2%急減した。これにより4-6月期だけで2社合わせて5000億ウォン(約480億円)に近い赤字が出たことが分かった。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
納品単価引き下げ要求よりさらに深刻な問題は北京車が北京現代の部品供給網を中国現地の業者に変えなければなければならないと主張しているという点だ。中国企業等の部品価格が韓国部品社に比べ30~40%安いという理由からだ。しかし、現代車側は中国部品の品質が非常に低いため価格がいくら安くても受け入れられないという立場だ。会社関係者は「現地に一緒に進出した800社余りの協力会社の生存のためにも受け入れることはできない」とした。

甘い夢を見て中国進出する韓国企業は、世界企業の中でも倒産率が高いわけで、品質低下が問題視されている中で、北京車は数年前から2社の持株が50対50なのに現代車が主導権を行使することに不満であるから、今の韓国に対する不満は自国都合の中国でさえも厄介なのだろう。まして部品と言う側面で、中国政府が報復しているわけで、現代自はますます身動きが取れないのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月08日 11:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
そろそろ中国撤退
>現代車「THAADでお払い箱」?

中央日報はずいぶんのんびりした見解だ。
THAADしか思いつかないのか。

>現代車は設計・生産・販売

ここがネック。現代は売れるクルマを開発してくれない。
次世代の新エネルギー車の技術は貧弱だし、
北京汽車にとって現代はもう用無しのようだ。
もうひとつの提携先であるダイムラーを活用すればいい。

現代は中国から撤退する局面でしょう。
合弁を解消して、北京現代をたたむのがいい。
[ 2017/09/08 18:14 ] [ 編集 ]
部品納入会社からのリベートがあるため
中国企業等の部品価格が韓国部品社に比べ30~40%安い

中国製部品の品質は韓国製と同等レベル 

価格がいくら安くても受け入れられないのは、部品納入会社からのリベートがあるため
[ 2017/09/09 20:55 ] [ 編集 ]
watcher
今年の現代自動車は700万台割れ確実で、在庫も200万台抱え込む可能性が濃厚と朝鮮日報で出ていましたね。
中国市場の事業縮小や撤退も含めた判断が必要になるレベルですがどうする気やら。
それ以前に株価も年初来安値を更新してまだ下げ止まらないので、資金ショート回避の為の行動も必要でしょう。
[ 2017/09/10 23:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL