韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ソニーのトリニトロンテレビが技術遺産に認定

ソニーのトリニトロンテレビが技術遺産に認定

今やテレビといえば液晶画面の薄型が当たり前の時代。分厚いガラスの画面で後ろに大きく飛び出していた重いブラウン管テレビが懐かしい。中国メディア・今日頭条は7日、ブラウン管時代のテレビ画像に革命をもたらしたソニーのトリニトロンテレビが、日本で技術歴史遺産に登録されたことを伝えた。

記事は、日本の国立自然科学博物館が5日にトリニトロンカラーテレビを重要科学技術史資料(未来遺産)リストに登録することを発表したと紹介。登録されたのはソニーが1990年に発売した36インチのトリニトロンカラーテレビで、同社は68年にトリニトロンカラーテレビの1号機を発売して以降、デジタル放送が出現する前の時代において高画質テレビの先駆け的存在であったと説明した。




また、同博物館では2008年より遺産選定プロジェクトを実施しており、これまでに240件が遺産認定されたとした。今年新たに認定されたのは、トリニトロンテレビ以外に2002年に開発された二足歩行ロボット「HRP-2プロメテ」、1989年に富士フイルムが発売した第4の感色層を持つフィルム「フジカラー・リアラ」など全部で15件であることを伝えている。

トリニトロンの「遺産入り」を知った中国のネットユーザーからは「ブラウン管時代、トリニトロンは神だった」、「トリニトロンは1つの時代の象徴。名実ともに入選ものだと思う」、「家にあったソニーのトリニトロンテレビは20年以上使っても壊れなかったが、電気を食うということでお役御免になった」、「日本の優れた家電製品は30年前からたくさん世に出ていたことは否定できない。今でも記憶にしっかり残っている」など、一時代を築いた技術として大いに称えるコメントが多く寄せられた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
一方で、今年を「復活の年」に定めたソニーが1500ドル(約16万5000円)以上のプレミアムテレビ市場で韓国のサムスン電子、LG電子を破り1位に返り咲いた。 市場調査会社IHSによると、今年1〜3月に1台1500ドル以上のテレビ市場で、ソニーが売上高基準で39.0%のシェアを獲得して1位の座を獲得した。前年同期の17.5%に比べシェアが2倍以上に増加した。昨年10〜12月に43.8%のシェアで1位だったLGは8ポイント落とし35.8%で2位だった。

一方、テレビ全体の市場で1位の座を占めるサムスン電子の高価格帯のテレビ市場シェアをみると、状況はより深刻のようだ。サムスン電子の昨年1〜3月の1500ドル以上のテレビ市場シェア(39.5%)は、LG電子(17.7%)、ソニー(17.5%)の2社合計よりも高かったが、今年同期間には一気に13.2%にまで下落した。 ソニーが躍進した背景に、大型液晶ディスプレー(LCD)技術と、最近発売した有機EL(OLED)テレビを前面に押し出したプレミアム戦略を挙げた。米国の消費者情報誌「コンシューマーリポート」の「お薦めテレビのリスト」(5機種)は、以前はサムスンとLGの製品が主だったが、同リストにソニー製品が2機種入りして復活の兆しを見せている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月08日 17:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL