韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  放射性核種キセノン133検出・・・核実験の影響

放射性核種キセノン133検出・・・核実験の影響

北朝鮮が6回目の核実験をしてから5日後の8日、放射性核種が初めて検出された。 韓国原子力安全委員会は8日午後「陸上に設置した放射性核種捕集装備でキセノン133(Xe-133)が微量検出された」と明らかにした。原子力安全委員会は3日昼12時29分に北朝鮮が6回目の核実験をした後、当日の午後8時40分からヨード、セシウムなどの粒子性核種の捕集を開始し、翌日の4日昼12時からは気体性核種であるキセノンの捕集を開始した。

原子力安全委員会は地上に設置された2台の固定式核種捕集装置と海上、空中の移動式捕集装置で放射性核種の検出活動を実施していたが、この日初めて放射性核種を検出した。原子力安全委員会は「検出された放射性核種キセノン133(Xe-133)は0.43mBq/立方メートルと微量だが、流入経路を気流分析などを通して確認中だ。現在進行している移動式捕集結果とともに総合分析し、北朝鮮の核実験との関連性を最終判断するだろう」と明らかにした。




キセノンは通常でも空気中に微量だが存在する不活性気体で、原子量が異なる多様な同位元素がある。このうち原子量が125,127,133,135のキセノン同位元素は自然状態では発見されず、核実験の証拠として使われる。特に核実験後の空気中のキセノン同位元素の構成比を分析すれば、核爆弾の製造方式や技術に関する情報を得ることができ、重要な試料と見なされる。だが、これらのキセノン同位元素は半減期が短く不活性気体なので捕集が難しいうえに、微量の場合には有用な情報を得ることも容易でない。

原子力安全委員会は過去5回の北朝鮮の核実験の後に放射性キセノンの捕集に努めたが、うち4回は検出さえできず、4回目の核実験の際に一種類の同位元素を捕集したが、きわめて微量だったため有意な分析はできなかった。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮が核兵器を実戦配備すれば、日米韓のみならず東アジアのみならず、しいては世界の脅威となることは疑いようがない。一方、核実験によって、北朝鮮の一部地域が深刻な「放射能汚染」に見舞われていることは見過ごされがちだ。韓国統一省は12日、北朝鮮の核実験場がある咸鏡北道吉州郡に住んでいた脱北者を対象に、核実験による人体への影響を調査する案を検討しているという。きっかけは、同地出身の脱北者らが、様々な病気に苦しんでいるという韓国NGOの発表だが、この問題は今にはじまったことではない。

既に2013年の時点で、北朝鮮のウラン鉱山で働く労働者の平均寿命がその他の地域に比べ著しく短く、さらに、放射能汚染による奇形児の出産も多発していると内部情報筋が証言していた。既に2013年の時点で、北朝鮮のウラン鉱山で働く労働者の平均寿命がその他の地域に比べ著しく短く、さらに、放射能汚染による奇形児の出産も多発していると内部情報筋が証言している。北朝鮮は核実験をするたびに、「自衛的核抑止力」という言葉で、自分たちの正当性を訴える。しかし、蓋を開けてみれば、守るどころか金正恩氏の核の暴走の裏で、一般庶民が多大な負担を強いられている。既に土壌や地下水を含めて、国土のどれだけの範囲が使えない状態と化すのかは、底知れない範囲と言えるが…。自ら国を崩壊していることになる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月09日 09:57 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL