韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギャラクシーノート8、予約初日の注文台数が40万台

ギャラクシーノート8、予約初日の注文台数が40万台

三星(サムスン)ギャラクシーノート8の予約初日に40万台の注文が殺到した。前作ギャラクシーノート7の全予約台数を超える台数だ。8日、三星電子によると、ノート8の予約が始まった7日、SKテレコム、KT、LGユープラスの3社に寄せられた総注文台数は約39万5000台だった。昨年8月のノート7は、予約を受けた13日間で計38万台の注文が寄せられた。ただ、複数の通信会社に申請をして後でキャンセルする予約者らがいることを勘案すれば、実際の販売台数は少し減る可能性がある。

三星電子のスマートフォンのうち、予約初日の注文台数が一番多かったのは今年4月に発売されたギャラクシーS8だった。ギャラクシーS8は初日だけで55万台の注文が殺到するなど11日間で100万人が予約した。しかし、ギャラクシーノートシリーズがSシリーズより販売台数が多くないことを考慮すれば、今回のノート8の予約販売も快調のスタートだという分析が出ている。




ギャラクシーノート8の予約台数のうち、256GB(ギガバイト)モデルは35%、残りは基本形である64GBモデルだった。三星側は、消費者が大容量の256GBモデルを予想より多く求めていると伝えた。カラーはディープシーブルー、ミッドナイトブラック、オーキッドグレーの順で人気が高かった。

初日の予約台数が多かったのは、ノート7のバッテリー発火騒ぎでノートシリーズの待機需要がたまっていたうえ、三星が大々的に繰り広げたマーケティングの効果とみられる。予約販売は14日まで行われる。15日から予約加入者を対象に優先的に事前開通が行われる。一般販売は21日から始まる。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
調査会社IDCが発表したリポートによると、2016年の中国スマートフォン市場で国内勢のオッポ(OPPO)が首位、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)が2位、3位がビボ(vivo)と、中国勢がトップ3を独占した。 アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」出荷が昨年10~12月期(第4四半期)に減り、競争激化に伴い「アイフォーン7」が大ヒットとならなかったことを浮き彫りにしている。 米アップルと韓国のサムスン電子は、中国の小米が台頭した11年ごろから、中国勢にシェアを奪われている。IDCのリポートによると、オッポと華為、ビボの3社で昨年の出荷シェアの48%を占め、アップルは4位に後退したという。小米(シャオミ)は5位だった。

アップルはアイフォーンの出荷を16年に23.2%減らし、市場シェアを9.6%と、約2年ぶりの低水準に落とした。サムスンはトップ5にも入らなかった。中国スマホ市場でアップルとサムスン電子の後退が一段と鮮明になっている。界では高価格スマホの需要が頭打ちになると同時に、安価な中国製スマホの人気が上昇し始めた。中国メーカーも「安かろう、悪かろう」のイメージから脱するため、品質の向上に力を入れている。その最先端を走るのがOPPOのスマホと言われる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月09日 10:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL