韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  北朝鮮の核リスクを上回る・・・「中国リスク」

北朝鮮の核リスクを上回る・・・「中国リスク」

韓中国交正常化25周年の今年、逆説的に中国という国の実体を思い知らされることになった。中国は地理的に見て宿命的存在だ。そんな国が自分たちの利害に少しでも反するようであれば、隣国に対しためらわずに暴力的な行動を取る。政経分離という国際社会における最低限の基本ルールさえ期待できない。「地政学的に世界で最も不幸な国は韓国だ」という言葉をあらためて実感させられる。

北朝鮮の初めての核実験後、中国共産党は内部会議で「北朝鮮の核を阻止するために北朝鮮政権を倒すことはしない」という方針を決めた。それでも、実際に北朝鮮が核を持つ状況が差し迫れば中国も考え直すだろうという期待がなくはなかった。北朝鮮に対する原油送出阻止をうたった国連制裁決議案に、中国がどんな反応を示すかを見てから判断すべきだが、今も肯定的な兆しはない。今回も反対するなら、中国そのものが北朝鮮の核廃棄の障害になるだろう。





中国国営メディアは、北朝鮮の6回目の核実験に対して事実上沈黙している。その一方で、北朝鮮の核を防ぐための韓国の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対しては「キムチを食べて混迷」「浮き草に成り下がる」「寺や教会にでも行って祈れ」と言う。THAAD報復はさらに暴力的な方向へと進んでいる。大型スーパー「Eマート」は進出から20年目にして中国市場撤退を決め、ロッテマートは年間損失額が1兆ウォン(約951億円)台に急増する見通しだ。現代自動車をはじめとする主要メーカーの協力会社・部品会社では中国政府の補助金差別などで数カ月間にわたり生産ラインがストップしている所も多い。サムスンのスマートフォンはシェア1位から9位に転落した。化粧品・韓流コンテンツ・観光に至ってはさらに深刻だ。

チャンスだと思われていた中国市場が今や悪夢に変わった。直接のきっかけはTHAAD報復だが、中国市場のリスクは以前から予想されていたことだ。中国は改革・開放以降、外国企業優遇政策を展開した。資本・技術・ノウハウが必要だったからだ。特に、短期間に経済発展を成し遂げた韓国は、中国にとってロールモデルだった。しかし、中国企業が競争力を持つようになると、外国企業優遇はあっという間に差別に変わった。とりわけ競合業種が多い韓国企業に対しての当たりが強い。「嫌なら出て行け」という具合だ。最初からこういうつもりだったのだろう。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
大手企業数は日本の大手企業数を上回る韓国。大企業は数社で、上位財閥だけでGDPを担う国である。普通で考えれば、3大企業と言われたサムスン・現代・LG。それ以外にも財閥企業は多数あるが、偏りすぎる企業と偏りすぎる産業では、5000万人の人口を養うには程遠い。結果、海外事業で補てんするしかないが、自国民は中小企業雇用が大半となる。企業維持と自国民生活とのバランスは最悪だ。この状態で日本に勝ったと喜んだ造船業は大低迷し、半導体事業にスマホ事業は、先行き不透明のまま。日本技術で育った現代自は技術限界点となった。

国も異常だが、単なる日本への恨みだけで経済発展を遂げ続けられるものでは無い。真似事はヘッドハンティングしても数年持たないのが普通だ。企業に重要なのは社員の質を育てることにある。もっとも雇いたくない韓国人では、将来は見えている。日本に無条件降伏した国がいくら反日政策を掲げても、いずれは崩壊する。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月10日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
中国にも選ぶ権利はあります
ゴタゴタしている彼の国は、中国に摺り寄りたいのでしょうが、中国にも選ぶ権利はあります。

仮に、彼の国が中国の属国になったとしたら、中国は大変でしょうね。
それは、あの面倒くさい彼の国の行いが、中国国内に蔓延するのを防がなければならないからです。中国国内は、今より締め付けが酷くなる予感がします。

ですから、日清戦争前と同様、彼の国を利用はしても、属国にはしたくないというのが中国の本音のような気がします。

日本とて、彼の国の行いを、安倍政権が、瀬戸際で防いでいる感じですが。
[ 2017/09/10 10:01 ] [ 編集 ]
甘えだ
国産品優遇というのは普遍的な産業原理であって、
どこの国でも外国品と国産品が同等なら国産品が
選ばれるのではないか。
韓国製品は何らかの差別化が必要ということ。
好まれない国(中国)にしがみつかないで、新市場の
開拓をする時代だ。

「THAADが、THAADが」と叫ぶのは反日行動と同じで、
旧宗主国に対する韓国の甘えです。
[ 2017/09/10 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp