韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iOS11の解析から分かる、ホームボタンのない次世代iPhone

iOS11の解析から分かる、ホームボタンのない次世代iPhone

9月12日(火:日本時間13日)の新作発表イベントを前に、iOS11のGM版(Golden Master:正式版の手前にあたる最終バージョン)が公開され、様々な解析が進められています。なかでも注目を集めるのが、次世代iPhoneであるiPhone X(iPhone8)についての詳細です。

iPhone Xで最も注目を集めるのが、指紋認証に代わって新たなセキュリティー認証機能になるとされる「顔認証(Face ID)」です。赤外線で立体的にユーザーの顔を瞬時に判別することにより、たとえ暗闇でもロック解除やApple Payが使えてしまうのが特長です。この顔認証について、iOS11のGM版を解析したところ、認証設定を行うためのアニメーションと思わしき画像が発見されています。

角度を変えて顔が表示され続けていることから、Touch IDで指紋を登録する際、ホームボタンの上に何度も指を押し付けたように、おそらくiPhone Xを手に持って顔の周りで動かすことで登録を行うのではないか、と思われます。




有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したiPhone Xでは、ディスプレイ領域の拡大に伴い物理ホームボタンが廃止、あるいはホームボタンの概念自体がなくなると言われています。これに伴い、それまでホームボタンが担っていた役割を、他のボタンで代用する仕様になることも分かっています。このほか、3Dアニメーションの絵文字の追加や、AirPodsがマイナーアップデートされる可能性も、ファームウェア解析によって確認されているようです。また、iOS11 GM版のファームウェアからは、Apple Watch Series 3の外観や、新たな壁紙なども「発見」されています。
https://iphone-mania.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムのメジャーアップデートであるiOS 11をプレビューした。今秋、iPhoneとiPadにまったく新しい体験と多数の新機能が提供される。iOS 11は、iPadにとってこれまでで最大のソフトウェアリリースで、パワフルなマルチタスキング機能、ファイルアプリケーション、Apple Pencil®の新しい使い方などが含まれている。これにより、十何億台というiOSデバイスでARが実現し、デベロッパは新しいプラットフォームを使って、現実の風景上にバーチャルコンテンツを重ねて表示するアプリケーションの開発ができるようになる。

しかしiPhone8 か iOS 11 かという見どころと特徴が分散される気がする…。また一般的にOSがバージョンアップすれば容量も大きくなり、機能も増えるが負荷は重たくなる。結局高速CPUを搭載するiPhoneやiPadでしか快適にならないのではと言う気もするが…。次第にスマホ技術限界点となるにしたがって、アプリケーションやOSに、魅力が移行する。一方で新興国ではファブレット並みのスマホが大人気だ。また日本では次第に低価格に移行しつつある。タブレットは今後増えるきっかけがあれば増加するのだが、きっかけがノートPCを持っていたりで、今だしくり来ない。仕事では圧倒的にPCとなる。

家でもPCは使い勝手が同じだけに扱いやすいのも事実。OSを画期的にするとはいえ、これもまたスマホ機能がソフト面へ移行するという事であるから、本来落下させても大丈夫なスマホや、画面の強化ガラスが普通に装備されているとか、指紋汚れがほとんどつかないとかの技術のほうが重要だと思うが…。今のスマホもタブレットもケースと強化ガラスを張り付けるだけで、結局重くなる…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月10日 10:19 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL