韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜自の販売台数 今年700万台割れの見通し

現代・起亜自の販売台数 今年700万台割れの見通し

韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車の今年の販売台数が6年前の水準に後退し、700万台に満たないという暗い見通しが出ている。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を巡る韓中関係の冷え込みの影響などで深刻な販売低迷に陥っている中国市場の場合、現地生産能力の半分を下回る130万台販売も不透明な状況だという。

現代・起亜の関係者は10日、「今年は700万台販売も厳しい状況で在庫が約200万台に上る」と説明した。内部の予想通り、今年の販売台数が700万台を割り込む場合、2011年以来の低水準となる。両社の販売台数は09年が464万台、10年が574万台、11年が660万台、12年が713万台、13年が756万台、14年が800万台、15年が801万台、昨年が788万台だった。





中国市場での販売台数はさらに深刻だ。現代と起亜の中国生産施設の生産能力は265万台だが今年の販売台数は生産能力の半分にも満たない130万台を下回る可能性が高いという。また、米国市場では販売台数の減少だけでなく、収益性の悪化が最大の問題として浮上している。今年上半期(1~6月)の両社の海外販売台数は、中国が前年同期比46.7%減、米国が同8.6%減となった。欧州は同6.5%増加した。

さらに追い討ちをかけるように、先週以降は現代の中国合弁会社、北京現代と部品メーカーの間で納品代金の支給遅延問題が浮上し、現地工場4カ所の操業中断と再開を繰り返し、生産にも支障が出ている。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2015年12月期連結決算は純利益が6兆5090億ウォン(約6360億円)と前の年に比べ15%減った。3年連続の減益だ。世界販売台数(傘下の起亜自動車含まず)は前年比微増の484万台だったが、好採算の中国市場での落ち込みや米国での販促費用の増加が響いた。販売台数を地域別に見ると最大市場の中国で104万台と7%減った。地元メーカーの低価格車人気に押され夏場に大きく販売を落とした。ロシアやブラジルでも資源価格の下落を受けた地元経済の混乱により販売量が減った。

今年を考慮すれば5年連続の減益となる。2013年で現代自(起亜自含む)の世界販売台数は、754万台である。今年1‐8月のグローバルの累計販売台数は、前年同期比で現代が7.2%減の286万8,282台、起亜が7.8%減の175万9,130台である。8月まで、4627412台となる。今年を予想すれば単純計算で694万台規模となり、2013年時点より悪化する。もともと販売低下と言う側面で見れば品質面を考慮しても明らかに低下しつつあるわけで、デザイン重視では限度がある。もはやヘッドハンティングレベルの問題ではなくなり社員の質が問われるわけで、韓国民を考慮すれば、ストとサボりでは手に負えない。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月11日 09:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp