韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国企業が自動車のトランスミッションを生産できないリアルな理由

中国企業が自動車のトランスミッションを生産できないリアルな理由

経済の発展に伴い、中国製造業の技術も徐々に向上してきている。これまでは輸入に頼っていたものも、中国国内で製造できるようになっているが、まだ中国企業に製造できない製品も少なからず存在する。

中国企業が他の企業に比べて競争力のある製品を作れない分野の1つに自動車産業が挙げられるが、中国メディアの今日頭条は2日、「なぜ中国企業はオートマチックトランスミッション(AT)を製造することができないのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について考察している。

自動車にとってエンジンとトランスミッションはまさに心臓部と言える部品だが、中国の自動車メーカーは日本やドイツのメーカーから心臓部の部品を調達しているのが現状だ。心臓部だけあって製造には高い技術力と研究開発費が必要となるが、中国企業がエンジンやトランスミッションを自前で製造できないのはなぜなのだろうか。





まず記事は、「構造の複雑さと、技術の不足」を指摘した。以前、中国の技術者が4速のトランスミッションを分解したが、構造が予想以上に複雑で、技術者ですら手に負えなかったとし、8速のトランスミッションや連続可変トランスミッションが登場している今は、構造がさらに複雑になっていると指摘し、技術的に追いつけていないのが現状だと指摘した。

次に「中国が生産する原材料は質が一定でない」ことを挙げた。トランスミッションの構造は複雑なので、材料の質も高いものが求められる。中国は鉄の生産大国だが、製鉄の質が悪いために重要な部品については輸入に頼っていることを紹介し、中国はトランスミッションを製造するうえで求められる高い質の原材料の生産にも難航しているのが現状だと論じた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本の自動車産業の強さは各自動車メーカーの競争力のみならず、部品メーカーも高い競争力を持っていることが要因の1つだ。特に自動変速機(AT)市場では日本のアイシン・エィ・ダブリュが世界トップシェアを誇る。 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の自動車メーカーや部品メーカーはトランスミッションを自主開発するだけの技術力を持たないと伝えている。

優れたトランスミッションを開発できる企業は日本やドイツなどに数えるほどしかない。世界の自動車市場でトランスミッションはごく少数の企業による寡占状態にある。中国メーカーが自前でATトランスミッションを生産できないのは、生産するための精度の高い設備がないうえ、トランスミッションに使用する金属の加工技術もないわけで、中国の場合は、日本からユニットを輸入し、製造大国としての地位をしっかりと確立するほうが得策だが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月11日 10:21 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
自力開発すればいい
変速機話題ならドイツより日本か。

VW は DSGトランスミッションの中国生産で
アップアップしているようだ。
中国が DSG(デュアルクラッチ)を国産化などありえない。

中国はもっと構造が簡単な変速機を自前で
開発すればいい。
[ 2017/09/11 11:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp