韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  パナソニック100周年CMに、中国からもお祝いの声

パナソニック100周年CMに、中国からもお祝いの声

中国のネット上ではしばしば、日本で100年以上続く企業が数多く存在することが紹介されている。そんな中、中国でも広く知られている、ある日本の大手電機メーカーも、間もなくその仲間入りをしようとしている。中国メディア・今日頭条は、来年3月に創業100周年を迎えるパナソニックが製作した記念CMを紹介する動画記事を掲載した。

記事が紹介したのは、同社が創業100周年を機に立ち上げた「Creative!」キャンペーンのCM動画だ。動画には綾瀬はるか、西島秀俊、遠藤憲一などが出演し、同社が100年の歴史の中で生み出してきた製品を振り返りつつ、次の100年をつくろうという意気込みを伝える内容となっている。

記事は「間もなく100年の老舗になろうとしている同社にとって、記念の意味合いがあるこの広告には、気持ちや思いが詰まっている。代々の社員がより良い製品を生み出すために努力し、開拓してきた足跡を見ることができるのだ」と評した。




動画を見た中国のネットユーザーからは「敬服する」、「小さいころ、家にナショナルの録音機があった。性能がとても良かったが、後になってナショナルが日本の松下であることを知った」、「小さいころから生活の至るところに存在してきた。自分の生活の質を改善してくれる忠実なパートナーだった。松下よ、100歳おめでとう」、「われわれ1960年代生まれは松下に対する思い入れがある。80年代から家に録音機やテレビ、ビデオ、エアコンが入ってきた。真っ先に選ぶのはいつも松下だった。このブランドにはガッカリさせられたことがない。松下よ、100歳おめでとう」といったコメントが寄せられた。

日本人の暮らしにおいてはもちろんのこと、特に1980年代の改革開放初期以降の中国人の生活においても松下、ナショナル、そしてパナソニックという名前は欠かせないものだったようである。日本のテレビでまだ「明るいナショナル、明るいナショナル・・・」という歌が流れていたころ、中国でも「みんな、ウチじゅう、何でもナショナル」だったのだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
1917年(大正6年)6月 - 松下幸之助が大阪府東成郡鶴橋町大字猪飼野(現・大阪市東成区玉津2丁目)の借家で電球用ソケットの製造販売を始める。1918年(大正7年)3月7日 - 大阪市北区西野田大開町(現・大阪市福島区大開2丁目)に移転。松下電気器具製作所を創立する。1927年(昭和2年) - 自転車用角型ランプを販売。この商品から、「ナショナル (National)」の商標を使用しはじめる。

1954年(昭和29年) - 戦争でほぼ壊滅状態にあった日本ビクターと資本提携する。1957年(昭和32年) - 全国の“街の電器屋さん”が加盟する日本で最初の系列店ネットワーク「ナショナル店会(後のナショナルショップ制度)」が発足。1986年(昭和61年)2月 - 谷井昭雄専務が社長に就任。「パナソニック/Panasonic」ブランドを国内でも単独で使用開始。2003年(平成15年) - グローバルブランドをPanasonicに統一、グローバルブランドスローガン「Panasonic ideas for life」の導入。2008年10月1日 - パナソニック株式会社に商号変更。企業グループ名もパナソニックグループとなった。

2018年(平成30年)3月、創業100周年を迎える。パナソニックは2018年3月に創業100周年を迎えるに当たり、新キャンペーン「Creative!」を8月24日から開始した。“次の100年をつくろう”をキャンペーンコンセプトに、特設サイト(http://panasonic.jp/creative/)を公開している。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月11日 10:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL