韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の軽自動車は、「革命的な車」なんじゃないか?

日本の軽自動車は、「革命的な車」なんじゃないか?

日本で広く普及している軽自動車は、長さ3.40m以下、幅1.48m以下、高さ2.00m以下、排気量660cc以下の車を指す。この規格は日本独自のものであり、したがって軽自動車も日本独自の車ということになる。

中国では大きくて高級感のある見た目の車が人気であり、軽自動車は中国人の審美眼に合致しない車に映るようだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、軽自動車のメリットをよく考えてみると「革命的な車なのではないかと思えてきた」と伝えている。

記事は、日本の自動車市場で大きなシェアを獲得している軽自動車について「中国で見かけることはない」と紹介。そもそも日本で軽自動車が売れている背後には、税金面での優遇など政策が関わっていると伝える一方、軽自動車の普及が資源の浪費を減らし、渋滞の軽減などにつながった一面は否定できず、こうした意味では「軽自動車は革命的な車なのではないか」と指摘した。




続けて、中国でも近年は各都市で交通渋滞と駐車場不足が深刻化していると指摘。また、中国ではSUVが人気だが、大きな車ほどガソリンの消費量が大きく、路上でも駐車場でもより大きなスペースを占有することになり、無駄が生じていると指摘、「中国が直面している交通問題の多くは軽自動車を導入することで緩和につなげることができるはずだ」と主張した。

また記事は、中国が交通問題を解決するならば、日本のように軽自動車を優遇する政策を導入すれば良いとしながらも、「中国政府は日系メーカーにチャンスを与えないのではないか」とし、その理由は日系メーカーは「軽自動車の分野で圧倒的な競争力を持っていて、市場を開放した途端に全て奪われてしまうため」だと伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
自動車分野での日米間の交渉というと、TPPでの日米二国間協議を思い出す。2013年の二国間協議で米国側が指摘したことの1つが、日本固有の車両規定だった。アメリカ車を日本国内で販売する場合、車両の細部にわたる適合が必要だ。それに伴う書類の作成やコストなどが非関税障壁になっている、という批判だった。さらに、アメリカ側は軽自動車をやり玉にあげ、車両規定の見直しも要求してきた。当時はそれを受けて「軽自動車がなくなるかもしれない」といった報道もあった。

こうした中、日本では軽自動車の王道であるスズキ「ワゴンR」がフルモデルチェンジした。1993年の初代発売から数えて今回が6代目となる。同車の累計販売台数は約440万台、現時点で市場にある保有台数は約280万台と推定される人気車種だ。新型ワゴンRの商品特徴は大きく4つ。(1)デザインを大幅に刷新、(2)全モデルがマイルドハイブリッド車(発進・加速時にエンジンをモーターでアシストするハイブリッド)で、モーターのみの走行も可能に、(3)独コンチネンタル社製の先進的な運転支援装備を搭載、(4)軽ワゴンで最大の室内長を誇る広い室内、である。

軽自動車は日常の足として使うユーザーが多いため、メーカーには細かく厳しい要望が数多く寄せられる。しかも近年は、スズキ、ダイハツの2強にホンダがNシリーズで対抗し、三菱自動車も日産向けOEM供給で売り上げを伸ばす「デイズ」や「ルークス」を展開するなど、軽4メーカーによる競争が激しくなってきている。そうした状況の中で各社は、ボディサイズが全長3.4メートル×全幅1.48メートル×全高2.0メートル、エンジン排気量が660㏄を上限とする車両規定のなかで、改良による改良を重ねている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月11日 11:21 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL