韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ホンダブランド車 8月販売量が過去最高を更新

ホンダブランド車 8月販売量が過去最高を更新

ホンダはこのほど2017年8月の中国での完成車販売量を発表した。「国際商報」が伝えた。ホンダブランドと合弁会社の独自ブランドを合わせた8月の完成車販売量は12万8671台で、前年同期比120.6%増加し、8月の業績としては過去最高を記録した。このうち広汽ホンダ有限公司は5万8888台を販売して同105.8%増加し、東風ホンダは6万9783台で同136.8%増加し、両社とも8月の過去最高を更新した。

今年1~8月のホンダブランド・合弁ブランドの累計完成車販売台数は88万6641台に上り、同118.0%増加した。うち広汽ホンダは44万3666台で同110.3%増加、東風ホンダは44万2975台で同127.0%増加だった。高級車ブランド「アキュラ」の8月販売量は1373台で同158.2%増加し、1~8月の累計は8946台で同371.4%増加した。
http://j.people.com.cn/





【管理人 補足記事&コメント】
日系メーカー4社は、5日までに8月の中国新車販売台数を発表した。各社とも前年同月比で増加となった。中でも日産、トヨタ、ホンダは2桁増を達成、ホンダが4社の中で販売台数首位を維持した。日産は5日、8月の販売台数は前年同月比17.8%増の12万2,319台だったと発表した。中高級クラスのセダン「ティアナ(Teana、天籟)」、好評の小型セダン「シルフィ(Sylphy、軒逸)」、SUV「エクストレイル(X-TRAIL、奇駿)」、「キャシュカイ(Qashqai、逍客)」及び「ムラーノ(Murano、楼蘭)」の販売が好調だった。1-8月の累計販売台数は前年同期比9.0%増の87万7,638台。

トヨタの8月の販売台数は前年同月比13.2%増の10万8,500台で引き続き成長を保った。モデル別では、小型車「カローラ(Corolla、卡羅拉)」と「ヴィオス(Vios、威馳)」、コンパクトセダン「レビン(Levin、雷凌)」、SUV「ハイランダー(Highlander、漢蘭達)」の販売が好調だった。1-8月の累計販売台数は7.1%増の84万1,400台。 ホンダは4日、8月の販売台数は前年同月比20.6%増の12万8,671台だったと発表、8月の月間販売台数記録を更新した。モデル別では、「シビック(Civic、思域)」の販売が引き続き好調で、「エリシオン(Elysion、艾力紳)」、「ジェイド(Jade、傑徳)」、「XR-V」の販売が大きく増えた。1-8月の累計販売台数は18.0%増の88万6,641台。

ホンダは2017年上半期の世界生産台数は前年同期比4.2%増の258万6855台と、2年連続で過去最高を更新した。国内生産は同2.4%増の40万1684台と2年連続のプラス。海外生産は同4.5%増の218万5171台と、過去最高の数字で6年連続のプラス。中国およびアジアで過去最高の生産台数を記録した。国内販売は同1.7%増の37万6619台で、3年ぶりのプラス。登録車は同0.7%増の20万0054台、軽自動車も同2.8%増の17万6565台と順調だった。輸出は同41.3%減の3万9552台で2年ぶりのマイナスとなった。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月11日 12:55 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp