韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本って先進国だろ? なぜまだキャッシュレス化が進んでいないのか

日本って先進国だろ? なぜまだキャッシュレス化が進んでいないのか

中国ではITが生活に浸透する勢いは凄まじいものがある。今ではスマホでお金を管理できるため、財布を持ち歩く必要がなくなった。ここ数年でキャッシュレス化が進んだ中国から見ると、日本の現金社会は実に不可思議に映るようだ。中国メディアの今日頭条は7日、「日本はなぜシェア自転車やキャッシュレスが進んでいないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

日本は先進国で発展している国であるのに、中国人から見ると「中国でここ数年で急速に普及した便利なサービスが未だに見られないのはどうしてなのだろうか」と疑問に感じるようだ。現在の中国では買い物の支払いにおいて「支付宝(アリペイ)」や「ウィーチャットペイ」といったアプリで決済が可能だ。スマホさえあれば給料の受け取りも、買い物の支払いも済んでしまう。また、シェア自転車まるで一晩にして実現したかのように感じるほど急激に普及し、今では多くの人の足として利用されている。





こうしたサービスの多くはスマホをQRコードを読み取るだけで瞬時に利用できてしまうのに比べ、現金で支払いをするのは手間がかかるにもかかわらず、「なぜ日本人は現金で支払うことを愛しているのか」と問いかけた。また、日本人はクレジット決済もあまり使わないとし、理由としては「個人の情報漏洩に敏感であることと、すべてを電子化して使い過ぎでしまうことを恐れている」とした。また日本には偽札がほとんど出回っていないように、現金の信頼性が高いこともキャッシュレス化を阻害しているとした。

急速に普及した中国のシェア自転車だが、決して便利なことばかりではない。乱雑な放置や破損などの問題が生じているように、課題も数多くある。日本と中国は新しいものに対する慎重さや受容性において両極端な部分があるように見える。日本でも中国のようにシェア自転車やモバイル決済が普及する日は訪れるのだろうか。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本ではおサイフケータイの普及や、Applepayの登場に伴ってキャッシュレス化への下地は整っている。クレジットカードを複数持ちしている方も少なくありません。J-Debitならほとんどの銀行の口座についていますし、国際ブランドのデビットカードも「1枚は持っておこうかな」と考える方も少なくない。それでも、キャッシュレス化は日本では進んでいない、やはり現金主義な方も多い。クレジットカードは後払いであることから「借金」「使い過ぎる」といったネガティブな部分が先に立ってしまうのは否めません。そのため通販だけなど、限定する利用方法も根強い。

ただ、チャージ式の電子マネーやデビットカードのように、同時払いや先払いする方法を選ぶことで使い過ぎを防ぐこともできます。また利用できる店舗が増えること、各店舗が取り扱うクレジットカードやデビットカード、電子マネーなどでブランドにもより多く対応できるようにすることで、徐々に利便性も高まり今後利用者も増えていくでしょう。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月11日 18:44 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
キャッシュレス化を進める一番の原因は、偽札対策
日本は紙幣の印刷技術が世界一なので、偽札が少ない。
それほど必要に迫られてない。
[ 2017/09/12 07:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp