韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の医師が日本の病院で研修を受けたら、驚きと感心の連続だった

中国の医師が日本の病院で研修を受けたら、驚きと感心の連続だった

質の高い日本の医療を受けようと中国の富裕層が数多く日本にやって来るようになった。中国のネット上でもしばしば日本の医療の優れた点について紹介されているが、実際に日本の病院に研修にやって来た中国の医師は、どのような感想を持っただろうか。中国メディア・今日頭条は6日、日本の病院を見た中国の医師の感想を伝える文章を掲載した。

文章の作者は、北京大学深セン院の医師で、同院と交流のある東京がん検有明病院に昨年8月から90日間派遣されて研修を受けたという。文章は、まず日本の病院について「ロビーの患者は少なくないが非常に静かだ。日本の病院は予約制、紹介制を採用しており、末端の医療機関からの紹介状がないと大病院で診てもらえない。中国のように大病院に長蛇の列ができて、人で溢れかえるようなことは起こらないのだ」としている。





そして、実際に研修を受けた中で印象に残った点を紹介。まずは、週2回朝に行われる診療科のカンファレンスを挙げた。「午前7時半から9時まで、上は院長から下は入院担当医まで全員が参加する。その内容は簡明かつ高効率で、スライドを用いた症例の報告は実に分かりやすい。感銘を受けたのは、医師の基礎知識が非常にしっかりしていること。そして、絵が上手なこと。話を聞くと、大学に入ってから毎日1-2時間かけて絵の練習をするのだという」とした。

また、手術室の安全対策についても言及。ドラマ「白い巨塔」の手術シーンを見て、これはいくら何でもオーバーじゃないかと思っていたが、実際に行われているとは思いもよらなかったと驚きを示している。「手術開始時に必ず、執刀医が手術の内容、所要時間、出血量、メンバーの名前を発表する。最初は滑稽に思えたのだが、これが安全確保につながっているということに、あとになってようやく気付いた」と伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
賄賂も横行している中国。いい処置や手術をしてもらおうと思えば、医者への付け届けは当然だ。その金額いかんで命の値段が決まるといってもいい。だから、羽振りのいい医者が多い。しかし、中国での医師や看護師の地位は、日本のようには高くはない。日本の医師は、医学部を卒業し、医師国家資格を持つエリート中のエリートだが、中国では、そもそも医師免許そのものが怪しいものらしい。中国では、医師はエリートではなく、単なる技術者といった位置づけなのかもしれない。

中国政府はこうした医療体制を社会問題ととらえ、改善を急いでいる。よく考えればおかしな話で、中国はそもそも社会主義の国。それなのに、いつの間にか医療が高額になり、普通の人がまともな医療を受けられなくなった。こうした状態だから、中国に赴任する日本人は、それなりの病気の場合は、日系の医師のいる病院や外資系病院の診察を受けるのが一般的だ。診察や治療のためにわざわざ日本に帰国するケースも少なくない。

一方、中国の医療ツーリズムを積極的に受け入れ、富裕層の多くが診察や治療で出かける国がある。それがオーストラリアだ。広東省周辺に展開する華僑なら香港から飛行機に乗ってオーストラリア各地の病院に向かう。英語さえできれば、オーストラリアでの治療は容易だからだ。中国からの距離はあるものの時差がほとんどない点も魅力だ。日本のチャンスは、医療ツーリズムという患者を受け入れるばかりではない。中国の医師を日本に受け入れ教育したり、中国の病院の体制やシステムを改善するためのコンサルティングを手がけたり、多くのサービスが提供できる。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月12日 11:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp