韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日系車シェア急増の原因は韓国だけじゃない

日系車シェア急増の原因は韓国だけじゃない

多くの人が自動車に乗る時代となった中国。街中では実に多種多様な国の自動車を見かける。中国車に加え、ドイツ車や米国車、さらには韓国車や日系車、フランス車など、日本では見かけない車も数多く走っている。中国は非常に多くのメーカーが激しい競争を繰り広げる市場でもあるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日系車がドイツ車を越える勢いで市場シェアを大きく伸ばしていることを伝える記事を掲載し、日系車の中国市場における人気について伝えている。

まず記事は、2017年1-7月の自動車の販売統計を紹介し、各国の自動車メーカーが激しい競争を繰り広げるなかで「日系車が最も販売を伸ばしている」と指摘。乗用車市場におけるシェアは、前年同月の15.7%から18%にまで上昇したことを紹介した。この数字に対する中国世論の見方は様々で、韓国車が高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」配備の影響を受けて不振に陥り、日系車がその恩恵を受けていて、日系車の販売が好調なのは一時的であるとの見方もあることを紹介している。




だが日系車の販売が好調なのは韓国車の不振だけが理由なのだろうか。記事は、日中関係が硬直状態とはいえ「小康状態で安定しているゆえに日系車の人気が上昇していること」、「エンジン性能の向上により競争力が高まったこと」、さらには「日系車のコストパフォーマンスの高さ」を挙げ、日系車が中国市場で安定してシェアを獲得していることには「しっかりとした理由」があることを強調した。

中国では合弁メーカーを国別シェアではドイツ系が最多となっているが、記事は「日系車の好調ぶりはまだ始まったばかり」だっと伝え、近い将来にドイツ車のシェアを上回るとしても驚くことではないと主張している。中国では本当に多くの日系車を見かけるようになったが、多くの消費者に受け入れられていることはうれしいことだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国では南方で日本車の人気が高い。 省ごとのフォルクスワーゲン販売台数のデータを分析。月ごとに若干の違いはあるものの、全体的に南方の沿岸部では、販売台数が北方や内陸部ほど多くはない。南方沿岸部では日本車の人気が高いのだと中国のポータルサイト・今日頭条が伝えている。

その理由について、北方の人は荒っぽくて豪快なため自動車に対しても頑丈さを求めるが、フォルクスワーゲンは頑丈さを売りにしているので好まれること、南方の方が自動車文化の流入が早く、初期の頃に日本車が多く入ったこと、中古車市場において日本車は値下がり率が高くないこと、早くから日本車が入った南方では、日本車の品質の高さがすでに評判になっているという。

また日本車の人気が高まっている理由として、ドイツ車でリコールなどが相次いだことを掲げている、欧米車はコンパクトカーのスペックが低いこと、日本車はボディが薄くて危険というのは誤解だと多くの人が気づいてきたこと、日本車メーカーも横滑り防止装置など中国人が好む安全装置を付けるようになったこと、ハイブリッドエンジンで日本車は進んでいること、中国人が好むデザインの車種を投入していること等を報じている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月12日 11:45 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL