韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日系車は小さいのに「車内が広くて驚く」・・・日本人は空間の使い方が上手

日系車は小さいのに「車内が広くて驚く」・・・日本人は空間の使い方が上手

核家族化が進んでいる日本に対し、中国では親子三世代が一緒に暮らすという家庭はまだまだ多い。そのためか、中国では自家用車を購入するにあたって、大人数が乗れて、車内空間が広い車を求める消費者が多く見られ、逆に車内空間が狭い車は敬遠される傾向にある。

中国メディアの今日頭条は8日、日系車は外から見ると小さく見えて、車内空間も狭そうに見えると伝える一方、日本は国土が小さく、資源の少ない国だけあって「空間の使い方が上手だ」と指摘。日系車の車内空間は「外から見たのでは分からないほど広々としていることに驚く」と伝えている。

記事は、日本国内では軽自動車が数多く走っていると伝える一方、今日の軽自動車は「限りある空間を有効に利用しており、見た目以上に広い」と指摘。日本人の自動車デザイナーは小型車を大型車にしてしまったかのようだと伝えている。また、空間を広くしつつも「自動車の安全性や実用性は決して損なわれてはいない」と指摘した。




たとえば、運転席とエンジンの距離は近すぎれば問題だが、日本車は車内空間を広げるために安全性を損なうようなことは一切していないと指摘。むしろ日本車はさまざまな「工夫」によって無駄を排除することで、車内空間を広げるための努力を行っているとし、こうした姿勢は、今後の自動車における主流になっていくのではないかと考察した。

燃費や安全性のような分かりやすい指標があるものに比べ、車内空間の広さは定量的に数値化することが難しいものだ。近年、中国では日系車の販売が好調だが、定量化のできない車内空間の広さが評価されていることも販売につながっているのかもしれない。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
アメリカでは、日本車が米国で高い評価を得ている背景について、「米国人の使用環境に適していることが理由」と主張し、燃費が良いうえに乗り心地が快適で、メンテナンスが容易で信頼性も高いと指摘している。 また、日本車は高い信頼性のほかに、「広い車内空間」という強みもあるとしたほか、欧米系の自動車メーカーが「運転性能」を重視する傾向にあるのに対し、日本車は長距離の運転にも適した快適性や、利用者のことを考えた車内の配置が優れていると伝えている。

中国でもコストパフォーマンスのよさや燃費、車内空間などの面でバランスがよい車が、市場での口コミ評価も高く、販売が安定している。日系車はそういう意味で中国人の好みに合ったと言える。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月12日 13:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL