韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  北朝鮮のジュネーブ大使「米国は史上最大の苦しみを味わうだろう」

北朝鮮のジュネーブ大使「米国は史上最大の苦しみを味わうだろう」

北朝鮮が、石油供給の制限などを盛り込んだ国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議(第2375号)に強く反発し、対応に出た。これまで北朝鮮が見せてきた動きからして、近く追加挑発に出る可能性が高く、朝鮮半島を舞台にした「強対強」の対峙局面が最高潮に突き進むものとみられる。

北朝鮮のハン・デソン・スイス・ジュネーブ大使は12日、ジュネーブで開かれた国連軍縮会議に出席し、「我が国の代表団は最も強力な用語で、最近の違法で不当な国連安保理決議を断固拒否する」と述べた。また、「朝鮮民主主義人民共和国の今後の措置は、米国に歴史上最も大きな苦しみを味わわせるだろう」と警告した。彼は、米政府が「既に完成段階に到達した朝鮮民主主義人民共和国の核武力を元に戻そうとする強迫観念にとらわれ、政治・経済・軍事的対決に躍起になっている」と非難した。





これまで北朝鮮は国際社会の制裁が追加されるたびに核・ミサイル挑発で対抗してきた。先月6日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星-14」型の発射に対抗し、安保理が制裁を盛り込んだ決議第2371号を採択したことを受け、翌日には「共和国政府声明」を、その翌日には軍総参謀部・戦略軍司令部報道官名義の声明を相次いで発表して、「全面戦」も辞さないと威嚇した。同月10日には弾道ミサイルを運用する戦略軍司令部のキム・ラッキョム司令官(大将)名義で「グアム包囲射撃案」まで発表した。実際、先月26日に短距離ミサイル3発を発射したのに続き、3日後の29日には中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星-12」形を発射しており、今月3日には6回目の核実験まで実施した。今回の決議採択を控えて、北朝鮮は昨年11日、外務省声明を発表し「米国が国連安全保障理事会でさらに過酷で違法・無法の制裁決議をついに捏造するなら、我々は必ず米国に相応の対償を払わせる」と警告した。
http://japan.hani.co.kr

【管理人 補足記事&コメント】
国際連合安全保障理事会決議とは、安全保障理事会の構成国の票決による決議のこと。理事15か国中、9か国以上の構成国が賛成し、かつ、常任理事国の反対が一切なかったときに承認される。安全保障理事会決議は、法的拘束力を持っているとされているが国際連合憲章においては、安全保障理事会が決定 (decide) した場合のみに法的拘束力をもつ(国際連合憲章25条)。

しかし、北朝鮮のハン・デソン・スイス・ジュネーブ大使は12日、ジュネーブで開かれた国連軍縮会議に出席しての彼の言動で、国際会議における脅迫ともとれる言動と考えれば、許されるべきことではないでしょう。この会議自体の弱さを浮き彫りにしていると感じますがね~。所詮戦勝国で成り立つ様々な国際会議体において、決定打がないのも事実。北朝鮮の大使に好き勝手な言動を発した時点で拘束だろう…。そういうこと自体も規定があるのかないのか…。システム自体が問題だろうと思いますが、過去の戦争における戦勝国が常任理事国と言うのはそろそろ考えるべきだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月13日 09:29 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp