韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国でサムスンのシェアが急落、韓国で焦りの声

中国でサムスンのシェアが急落、韓国で焦りの声

中国は世界最大のスマートフォン市場となっているが、その中国市場で最近シェアを拡大しているのが中国メーカーだ。中国メーカーはすさまじい勢いでシェアを拡大しており、かつて中国市場で最大のシェアを獲得していた韓国のサムスンはシェアを大きく減らしてしまった。中国メディアの今日頭条は7日、「サムスンのスマホは中国で売れなくなった」と論じる記事を掲載し、韓国国内で警戒の声が高まっていることを伝えている。

記事はまず、最近の中国では中国メーカーがシェアを拡大する一方で、発火問題や高高度防衛ミサイルシステム(THHAD)問題の影響も重なり、サムスン電子製のスマートフォンの売れ行きが非常に悪くなっていて、回復の兆しがまったく見えてこないと伝え、韓国メディアも焦りの声をあげていると紹介した。 続けて、韓国国際貿易協会の報告をもとに、中国の2017年第2四半期におけるサムスンのスマホ販売台数は4800万台にとどまり、メーカー別では6位となったことを紹介。中国メーカーのスマホは安いうえに高品質で、サムスンにとって非常に手ごわい競争相手になったと指摘した。





さらに、最近の中国市場で販売されるスマホのうち、63%は2000元(約3万4000円)以下であり、同市場はファーウェイやシャオミなどが大きなシェアを獲得していると指摘。また、4000元(約6万8000円)を超えるハイエンドスマホ市場は全体の6.4%にとどまっているうえ、同市場はアップルががっちりと抑えていることを紹介した。

最後に記事は、サムスンは早急に中国人消費者の信頼を回復させ、顧客忠誠度を高める手段を講じる必要があると指摘した。記事には中国のネットユーザーから「サムスンはまだ4800万台も売れているのか」、「中国人は今こそ愛国心を示す時だ」といったコメントが寄せられていた。サムスンのスマホをはじめとする韓国製品に対する不買運動の影響はまだしばらくは続きそうだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
調査会社Strategy Analyticsによると、第2四半期の日本市場におけるサムスンの市場シェア率が前年比で倍増し、昨年の3.8%から8.8%になったと伝えている。主な理由は、新機種のギャラクシーS8の売り上げが好調なことにあるという。 ギャラクシーS8は、サムスンが今年初めに発売した新機種でSuper AMOLEDディスプレイを採用しており、ベゼルがほとんどなく表面全体がディスプレイとなるデザインが特徴だ。Mobile World Congress(MWC) 2017では最優秀スマートフォンに選出された。

第2四半期の市場シェア率1位はアップルで41.3%だが、サムスンが3位となったが、発売から数カ月がたち、ギャラクシーS8の人気にも陰りが出てきている。そのためサムスンは、ギャラクシーノート8をアップルの新機種発表前の今月末にもリリースする予定だという。 一方、香港の市場調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチによると、4~6月期の中国のスマートフォン(スマホ)市場で韓国・サムスン電子のシェアは3.0%と、前年同期(7.0%)の半分以下に縮小した。中国の地場ブランドが87.0%と大半を占めた。




関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月13日 11:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp