韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  最新世代の性能を備えた新主力機・・・iPhone 8/Plus発表

最新世代の性能を備えた新主力機・・・iPhone 8/Plus発表

アップルの新製品発表イベントにて、iPhone基本モデルの新世代となる『iPhone 8』と『iPhone 8 Plus』が発表となりました。同時に発表された最上位・新系統機種iPhone Xが量産性や価格を顧みずに先端技術を導入したモデルなのに対し、この2機種は既存の外観デザインや使い勝手を保ちつつ、中身を最新世代にアップデートするという路線。外観的な新鮮味という点はあまりありませんが、これまでiPhoneに親しんだユーザーが意識することなく乗り換えられるモデルとして仕上がっています。

予約は9月15日から開始され、発売は9月22日。米国価格は8無印が699ドルから、Plusが799ドルから。日本での予約注文は9月15日午後4時01分から開始、価格はiPhone 8が7万8800円(税別)から、Plusが8万9800円(同)からです。本体素材としては、正面(画面側)のみならず、背面側にも全面を覆うガラスを採用。強度に関しても配慮されており、アップル側は「これまでより50パーセント深い強化層を持つカスタムガラス」「スマートフォン史上、最も強靭なガラス」とアピールします。





さらにiPhone 7シリーズで(やっとかと言われつつ)評価されている耐水、防沫、防塵性能も継承。IP67等級を備えています。また、Qi(チー)規格のワイヤレス充電にも対応します。心臓部となるSoCは、新型の『A11 Bionic』を搭載。iPhone 7世代のA10 Fusionから大きく強化されたのは、CPU部のコア数。高電力効率コア×4基+高性能コア×2基の6基と、A10に比べて2コアが増量されています(また増えたのが電力効率に優れるコアというのもポイントです)。

A10と比べた際の速度は、CPU部が公称で最高70%アップ(マルチタスク時)、GPU部は公称30%の速度アップ。その他の改良と合わせて、今回も「iPhoneが1世代新しくなった速さ」、いい意味で使い慣れてしまうと前世代に戻れなくなる速度アップとなりそうです。もう一つの大きな改良点は、メイン(背面)カメラです。アップルはイメージセンサーを完全刷新(All-new)した点を中心に、レスポンスの高速化や総合的な画質向上をアピールします。
http://japanese.engadget.com/

【管理人 補足記事&コメント】
今回は別路線モデルとしてiPhone Xが同時発表されまた。同機はホームボタンやTouch IDを省略するなど、大きく印象を変えたモデルとなっており、また価格も相応に高価となる。そのため、従来の使い勝手を継承しつつ、高速化などで中身を刷新したiPhone 8とPlusは、まだまだiPhoneの中核を担う役割を持ったモデルとなる。新しくiPhoneの最上位となるモデルです。気になる読み方は、結局「アイフォーン テン」。

10月27日から予約受付、発売は11月3日。米国での価格は999ドルから。ストレージ容量は64GBと256GBの2種類、本体カラーはスペースグレイとシルバーの2色です。日本でも11月3日発売、10月27日より予約開始。価格は11万2800円(税別)からで、ドル円レートは約113円となります。正面から見たときほぼすべてが画面となるベゼルレス設計、そして長辺側を本体サイズギリギリまで確保し、さらにコーナーを丸めたスタイルはインパクト抜群(ディスプレイパネルのレベルから角を落としています)。有機ELならではのコントラスト比の高さに加え、HDR映像への対応や色精度の高さをアピールします。もちろん3D Touchにも対応。

SoCはiPhone 8と同様の『A11 Bionic』を採用。CPU部も合計6コア(高電力効率コア×4基+高性能コア×2基)へと、コア増量などにより、iPhone 7世代のA10 Fusionと比べても大幅に高速化。公称ではCPU性能は最高70%アップ、GPU性能は最大30%アップと謳います。またCPUのみならず、GPUとISP(カメラ撮影用などで使われる画像処理エンジン)部もアップルの独自設計となった点は、隠れたポイントと呼べそうです。気になるバッテリー駆動時間に関しては「最低でもiPhone 7より2時間以上長い」とアピール。

iPhone X(テン)は11月3日発売、10月27日予約開始。11万2800円〜となるとiPhone X のほうが魅力的ですが…。私はPCのCPU興味から始まっているので、どうしてもCPU性能と特にはGDP性能ばかりに目が行きます。タブレットもいずれ出るのでしょう。一方、気になるIOS11は、9月19日から配布となるようです。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月13日 13:02 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp