韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相を熱烈歓迎するインド、中国けん制で共同歩調

安倍首相を熱烈歓迎するインド、中国けん制で共同歩調

日本の安倍晋三首相が13日、2日間の日程でインドを公式訪問した。最初の日程はモディ首相の故郷であるグジャラート州アーメダバードを訪問することだった。外国首脳がモディ首相の故郷を訪ねるのは2014年の中国の習近平国家主席以来だ。モディ首相は安倍首相を空港で直接出迎え、タラップを下りた安倍首相と激しく抱擁を交わした。現地メディア、インディアン・エクスプレスは「モディ首相が空港で外国首脳を出迎えたのは、オバマ米大統領以来初めてだ」と伝えた。

両首脳は花で飾られたオープンカーに乗り、空港からアーメダバードの中心部まで約8キロメートルをパレードし、市民の歓呼を浴びた。幹線道路沿いには数百メートル感覚で28カ所の街頭ステージが設けられ、インド全土から選ばれた踊り手が各地の民俗舞踊を披露した。通りの至る所には両首脳の大きな写真と共に日本語で「平和と繁栄のための強力な同盟」「インド訪問を歓迎します」という文字が躍った。インド政府関係者は「両首脳は初日に夕食会や散策などで約8時間を共に過ごす」と説明した。今回の訪問は両首脳が毎年行っている首脳会談が目的だが、歓迎ムードは過去最大級ではないかと評されている。




両国のメディアは、今回の首脳会談のハイライトは14日に予定されるインド初の高速鉄道の起工式になると伝えた。インド経済の中心ムンバイとアーメダバードを結ぶ全長508キロメートルの高速鉄道の工事が日本の技術と資本で始まるからだ。インドは2015年に安倍首相が同国を訪れた際、中国の高速鉄道ではなく、日本の新幹線を選択した。インドメディアは「ついにインドに高速鉄道がやって来る」「新幹線は世界で最も安全な高速鉄道だ」などと大々的に報じた。

インドの高速鉄道はインド独立75周年となる22年に開通予定だ。日本メディアによると、安倍首相は今回の訪問で、総事業費1兆8000億円のうち、約80%の円借款を提供すると伝えた。アジアの高速鉄道掌握を目指していた中国は今回の起工式を苦々しい心情で眺めることになった。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2016年のGDP(国内総生産)成長率が7.1%と、中国を上回るほど、急速な成長を遂げるインド経済。こうした背景から、インドに進出する日系企業も、右肩上がりで増加している。経済のつながりを強める中、2016年、モディ首相が来日した際には、「モディ首相は、大変気に入っておられまして...」と、首相自ら、新幹線のトップセールスを展開。2023年開業予定のインド初の高速鉄道に、日本の新幹線方式を採用することが決まっており、ほかの路線にも採用を働きかけた。

インド滞在中には、この高速鉄道の起工式典にも出席し、インフラの輸出を通して、さらなる関係の強化を図ることにしている。またインドと蜜月関係を築く理由が、中国の海洋進出対策にある。日本にとって経済の生命線ともいえる南シナ海からインド洋、スエズ運河に至る、シーレーン。今、中国が、このシーレーンに強い影響力を及ぼす動きを見せている。中国は、ミャンマーやパキスタンなど4カ国に、港の建設を援助。つなぎ合わせてみると、インドにネックレスをつけるように囲んでいるのがわかる。こうしたことから、海洋の安全保障分野でも連携・協力を進めるなど、日本とインドの関わりは急接近している。

日本同盟あるいは日本連合国というべき形を構築するのは、経済並びに軍事面でも大きく影響を与えるだろう。北朝鮮や中国の脅威がある中で、日本とインド、さらにはその他の国と連携する事も模索していると考えるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月14日 10:22 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL