韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  秋夕10連休、韓国は100万人以上が海外に

秋夕10連休、韓国は100万人以上が海外に

韓国では今年、秋夕(中秋節)が10連休となるため、海外旅行に出かける韓国人は過去最高の100万人を超える見通しだ。

韓国観光公社は「休暇中は1日平均10万人以上が出国する見通しだ」と説明した。観光公社によると、昨年の秋夕連休(9月13日-18日)は40万人が出国。今年5月の飛び石連休(4月28日-5月7日)には77万人が海外に出かけた。今年の旧正月連休(1月26日-31日)の出国者は41万人だった。旅行業界は昨年よりも予約が急速に伸びている点からみて、今年の秋夕連休には最大で110万人が出国するとの見通しを示した。

今年は大型連休だけあって、長距離の旅行客が増えそうだ。5月の飛び石連休では会社員らが有給休暇を最大限利用したが、秋夕はその必要がないからだ。旅行大手モドゥツアーによると、今年の秋夕は欧州への旅行客が前年比77%増、米州への旅行客が71%増となっているという。伸び率は日本(37%増)、東南アジア(42%増)を上回った。
http://www.chosunonline.com/




【管理人 補足記事&コメント】
2017年9月13日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国の旧正月と並ぶ重要な祭日である秋夕(チュソク。中秋節、今年は10月4日)の連休まで半月余りとなり、この連休に海外旅行に出掛ける韓国人の数が過去最高となると伝えている。

秋夕は旧暦の8月15日と前後1日ずつの3日間が祝日となるのが通常。昨年はこれに土・日曜が続き5日間の連休となったが、今年は10月2日が臨時の祝日に指定されたこともあり、9月30日から10月9日の「ハングルの日」まで10日間の連休を取る人が多い。そのため旅行業界では、海外旅行客も史上最大の110万人を超えるという。

韓国旅行大手のハナツアーは、連休中に出発する旅行商品の予約人数が7万9000人余りと、11日現在ですでに昨年の2倍を超えているとした。インターネット上でサービスを展開するインターパークツアーも、先月の時点で予約人数が前年から2倍に増えたとしている。昨年の数字は秋夕の連休後に集計されたものとのことから、今年はさらなる増加が見込まれる。

聯合ニュースは、同じく旅行大手のモドゥツアーの統計を紹介、昨年の秋夕に比べて欧州への旅行客が77.0%、北米・南米が71.7%それぞれ増加、かねてから勢いのある日本(37.8%)や東南アジア(42.9%)も大きく数字が伸びていると伝えた。多くの韓国人が訪日することになる…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月14日 10:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL